少女マンガ カカフカカ 9話~10話(2巻) ネタバレ

少女マンガ カカフカカ 9話~10話(2巻) ネタバレ
「カカフカカ」をネタバレで最新話まであらすじを配信!
最新刊の無料試し読みもおすすめ!

少女マンガ-カカフカカ-ネタバレ

カカフカカ-ネタバレと概要

このページはおすすめの少女マンガ「カカフカカ」の9話~10話(2巻)のあらすじのネタバレと概要を無料配信しています。

カカフカカ-概要

『カカフカカ』は講談社のKISS、LINEマンガにて2014年から連載されている。
「東京タラレバ娘」の作者・東村アキコの親友でもある石田拓実が作者。
初めての相手でもある元彼とシェアハウスで再会した主人公の亜希が、あることがきっかけで不能になった元彼と繰り広げるちょっと不思議なラブストーリー。

スポンサーリンク


カカフカカ-9話

これまでほぼ使うことのなかったリビングに住人たちが集まるようになり、変化が感じられるようになってきた共同生活に若干「イラッ」としている家主の長谷。彼のもとに誰かから頻繁に電話がかかってきて、珍しく扱いにてこずっている様子。

一方本行とのあれこれを思い出し、過去と現在の本行は自分のことをどう思っているんだろうと考えつつもまんざらではなさそうな亜希。しかし半ばだまされるようなかたちで長谷と長谷の母親と「結婚を前提におつきあいしている」という設定のもとランチをするハメになってしまいます。しかもその母親というのがなかなかに強烈なキャラの持ち主で、長谷の知らなかった一面を見ることになりました。

さらに、本行の元カノの存在や、本行も長谷も「彼女がいたことはあっても、好きな人がいたことがない」ことが判明し…。

カカフカカ-10話

「好きな人がいたことがない」発言にショックを受けた。

「好きな人がいたことがない」発言にショックを受けた自分にショックを受けた。

中学時代実は本行は自分のことが本気で好きだったから、小説に書いたり、自分にだけ反応するんだろうと都合良く思い描いていた自分がショックだった。

これまでもうっかり何かに期待しては外れる度、自分の値札が安いものに貼りかえられていくかんじがしていた。

そして今は最安値を更新中ーーーー。

そんな痛々しい考えにとらわれている亜希は、あかりから長谷と結婚することをほんとうにいいと思っているのか聞かれます。

亜希はまだ承諾したわけではないといいつつ、住人たちと比べて底辺である自分を引きうけてくれるのはありがたい話だ、と自虐トークに走りますが、あかりに気分がわるいからやめてとぴしゃりと止められます。

亜希はあかりに値札の話をしてみると「自意識過剰」と一刀両断されます。そして。

「そもそも高いも安いも 買わないモノの値札に興味ないから」

あかりの言葉で頭の中が整理された亜希。本行からの要望にすんなりと添い寝に臨みます。

少女マンガ カカフカカ 登場キャラクター ネタバレ
少女マンガ カカフカカ あらすじ 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめの少女マンガ