2017/01/25

少女マンガ カカフカカ 3話~4話(1巻) ネタバレ

少女マンガ カカフカカ 3話~4話(1巻) ネタバレ
「カカフカカ」をネタバレで最新話まであらすじを配信!
最新刊の無料試し読みもおすすめ!

少女マンガ-カカフカカ-ネタバレ

カカフカカ-ネタバレと概要

このページはおすすめの少女マンガ「カカフカカ」の3話~4話(1巻)のあらすじのネタバレと概要を無料配信しています。

カカフカカ-概要

『カカフカカ』は講談社のKISS、LINEマンガにて2014年から連載されている。
「東京タラレバ娘」の作者・東村アキコの親友でもある石田拓実が作者。
初めての相手でもある元彼とシェアハウスで再会した主人公の亜希が、あることがきっかけで不能になった元彼と繰り広げるちょっと不思議なラブストーリー。

スポンサーリンク


カカフカカ-3話

ここ2年ほど男性としての機能を失っていた本行智也。しかしなぜか中学時代の元カノ、亜希には反応することがわかります。ヘンなことはしない約束で協力関係を結び、早速元気な朝(!)を取り戻すために、添い寝を試みる二人。

ベッドに入り本行に後ろから抱きしめられた(しかも直接おなかに手をあてられている!)亜希はどうしても意識してしまい、ぐるぐるといろんなことを考えてしまいます。一方本行は「そういう状態」のまますやすやと寝息をたてはじめ、亜希は自分だけが意識していたことを恥ずかしく思ってしまいます。
翌朝ぐっすり熟睡して目覚めた二人。

なんとものほほんとした雰囲気ですが、これ、添い寝とその目的(朝元気)の達成状況の報告ですからね。

その後本行が小説家であることを知った亜希は卑屈モードを発動してしまい、「それやめて」と一喝されます。そして朝ご飯の世話を焼く様子に「やっぱり寺田さんはそっちのがいい」と。

長谷から新しいバイトを紹介してもらった亜希は、そこで社員として働くもう1人のルームメイト栗谷あかりと初対面しますが、彼女もまたまたひと癖ありそう…?

カカフカカ-4話

亜希が本行と中学の同級生と知ると卒業アルバムを渡すようぐいぐい要求してくる第3の同居人あかり。そう、あかりは作家本行の熱烈的なファンで、自分のツテを”限界超えて”たどったあげく本人と一つ屋根の下暮らすに至ったことが明らかになります。その信者っぷりに圧倒される亜希に「私は彼に会うために生まれてきた」「智也の運命の相手は私だから」「なれなれしくしないように」と言い放ち、牽制します。

二人の添い寝や抱きつくところを目撃し、添い寝をけしかけた張本人でもある長谷は亜希が本行にとって何かしら特別なのは確かなのでは?と言います。

帰宅した本行は落ち込んでいるようで添い寝してほしいと頼み込みます。あかりの迫力に恐れをなした亜希は難色を示しますが、結局押し切られて二回目の添い寝をすることに。

少女マンガ カカフカカ 登場キャラクター ネタバレ
少女マンガ カカフカカ あらすじ 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめの少女マンガ