少女マンガ カカフカカ 13話~14話(3巻) ネタバレ

少女マンガ カカフカカ 13話~14話(3巻) ネタバレ
「カカフカカ」をネタバレで最新話まであらすじを配信!
最新刊の無料試し読みもおすすめ!

少女マンガ-カカフカカ-ネタバレ

カカフカカ-ネタバレと概要

このページはおすすめの少女マンガ「カカフカカ」の13話~14話(3巻)のあらすじのネタバレと概要を無料配信しています。

カカフカカ-概要

『カカフカカ』は講談社のKISS、LINEマンガにて2014年から連載されている。
「東京タラレバ娘」の作者・東村アキコの親友でもある石田拓実が作者。
初めての相手でもある元彼とシェアハウスで再会した主人公の亜希が、あることがきっかけで不能になった元彼と繰り広げるちょっと不思議なラブストーリー。

スポンサーリンク


カカフカカ-13話

検査薬を購入するものの、やっぱり検査はできず、ひきだしにそっとしまったものの、レシートから長谷にあっさり知られてしまいます。

しかももしほんとにできていたら「俺の子として産めばいーよ 俺と結婚してさ」ととんでもないことを言い出します。

亜希はちょうどよければ誰でもいいはずなのに、こんな状況の自分になぜそこまで言うのかと尋ねます。長谷は例えば亜希は”してあげる”という言葉を使わない、いちいちあいさつする、など”ちょうどいい”もそれなりにめんどくさい基準があると説明します。

昔から変わっていない自分のぶぶんを良いと言ってもらえたことで、亜希は素直に嬉しいと感じたのでした。

カカフカカ-14話

自分の希望は一切聞いてもらえず、一方的に母が決めたことを「太一くんの希望を叶えてあげた」体で押しつけられる少年時代の長谷。

あいさつすら返って来ず、反抗して部屋に引きこもるも、それすら「間違っている息子を正しい道へ導くために頑張るワタシ」を彩るためにむしろ喜んでいることに気づき、母の言葉を聞くことはやめ、精神衛生を保つことにしました。

そして就職を機にやっと自由を得ることができたのでした。

子どもの頃、体調を崩して母にすがるも振り払われる夢で目覚めた長谷は実際に高熱を出していることに気がつきます。
薬を取りに行ったリビングで亜希と鉢合わせ、あれこれと看病してもらい…。

少女マンガ カカフカカ 登場キャラクター ネタバレ
少女マンガ カカフカカ あらすじ 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめの少女マンガ