少女マンガ ちはやふる 32巻 ネタバレ

少女マンガ ちはやふる 32巻 ネタバレ
「ちはやふる」をネタバレで最新刊まであらすじを無料で配信!
豪華キャストで映画化もされ続編も決定!アニメの動画もおすすめ!

少女マンガ-ちはやふる-あらすじ-ネタバレ

このページはおすすめの少女マンガ「ちはやふる」の32巻のネタバレと概要を無料で配信しています。

ちはやふる-概要

『ちはやふる』は、『BE・LOVE』で2008年から連載中の少女漫画。作者は末次由紀。
小倉百人一首を用いた競技かるたに没頭する少女と仲間たちの恋愛や友情、離別や再会といった青春を描いて人気となり、アニメ化および広瀬すず主演で実写映画化までされた。
物語は競技かるたのクイーンを目指す主人公・綾瀬千早がクイーンの座をかけて争う場面から始まり、その後は千早の小学校編と高校生編を回想するという形で描いている。
マンガタイトルでもある『ちはやふる』は百人一首の撰歌「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」に由来している。

スポンサーリンク


ちはやふる-ネタバレ-32巻

ちはやふる-32巻

団体戦最後の試合

響き渡る 千早の5勝の声!

見事に3位決定戦を制します。

一方の決勝戦、よろしことヒョロくんが運命戦までもつれていました。

白髪になっていきそうとまで称されるヒョロくんの執念。

初めは空札にも反応できないほどでしたが、ふと太一の姿を見つけ、安心して自札を取り勝利…!

北央の優勝が決まります…!

試合を終えて

各々の思いが交錯する試合後。

先生に微笑んで欲しかったと涙を流す理音。

懸命な一年間だった、でもずっとじゃなかった。

太一は帰ってきた…!

でも団体戦は終わってしまいました。

三年間は終わってしまいました。

太一の母のこぼす

太一は間に合ったのでしょうか…という言葉。

千早達と話すことなく帰宅する太一。

新にメッセージを託すのでしたl

個人戦の始まり

団体戦を終えて個人戦の始まり。

新たちは寝坊をしていました…

バタバタで準備をする中、新が皆に告げます…

個人戦は出ないで応援しようと思う…。

それに対し、先生は

「お前の応援とかタクシーの配車アプリより役に立たんわ!」

クイーン戦再び

袴を着て出場するクイーンを見て、千早にも着てほしいと頼むかなちゃん。

お母さんに買ってもらった袴じゃないとだめなんだと断る千早。

かなちゃんは、自身で袴の魅力を伝えようと意気込むのでした。

そしてA級戦は順調に進みベスト8!

千早はクイーンとの対戦です。

1回目、二回目と万全で戦えなかったけれど今回は完璧な調子です。

それぞれのA級戦

新相手に善戦するヨロシコ。

団体戦で自らの負け、しかも運命戦で負けた雪辱をなんとか晴らそうとします。

肉まんくんも調子の良い美馬相手に奮闘します。

団体戦の土台となってきた肉まんくん。

個人戦でも勝ちきりたいところです。

思わず出てしまう掛け声は運営に注意されてしまいます。

次はクイーン戦で”ふくからに”を抜く千早。

感じのよい千早の強さを認めつつあるクイーンは着物では分が悪いと、襷を取り出します。

襷を着けるのを手伝う千早に、なぜ敵なのに手伝うのかを問うクイーン。

千早は、好きだからと答えます。

なぜ新が負けたのが悔しかったのか考えると、自分が手加減しなくていい相手=友達が負けてしまったのが悔しいと気づくのでした。

そして、千早も手加減のしなくていい相手、友達なのだと気づくのでした。

そして決着…7枚差

次はクイーン戦で!!という千早に、

今度こそ約束や!と返すクイーンなのでした。

少女マンガ ちはやふる 登場キャラクター ネタバレ
少女マンガ ちはやふる あらすじ 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめの少女マンガ