少女マンガ ちはやふる あらすじ 6巻 ネタバレ

少女マンガ ちはやふる あらすじ 6巻 ネタバレ
「ちはやふる」の最新刊までのネタバレを無料で配信!
豪華キャストで映画化もされ続編も決定!アニメの動画もおすすめ!

少女マンガ-ちはやふる-あらすじ-ネタバレ

ちはやふる-概要とあらすじ

このページはおすすめの少女マンガ「ちはやふる」の概要と6巻のあらすじを無料配信しています。ネタバレ注意!

ちはやふる-概要

『ちはやふる』は、『BE・LOVE』で2008年から連載中の少女漫画。作者は末次由紀。
小倉百人一首を用いた競技かるたに没頭する少女と仲間たちの恋愛や友情、離別や再会といった青春を描いて人気となり、アニメ化および広瀬すず主演で実写映画化までされた。
物語は競技かるたのクイーンを目指す主人公・綾瀬千早がクイーンの座をかけて争う場面から始まり、その後は千早の小学校編と高校生編を回想するという形で描いている。
マンガタイトルでもある『ちはやふる』は百人一首の撰歌「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」に由来している。

スポンサーリンク


ちはやふる-あらすじ-6巻

「早く取るのをやめなさい」原田先生にそう告げられる千早
しかしそれは先生なりの本気の表れだった。

もの凄く早く取れる札が10枚あったとしても残りの全てを取られたらかるたは負ける・・・
千早はクイーンになるために、自分のかるたをもう一度見直す必要があった。

それからというもの調子が出ない千早は太一や肉まんくんにも負けるしまつでどんどんと落ち込んでいく。
千早は初めてスランプを経験するのだった。

そんな中迎える事となったA級になって初めての公式戦。
初めの対戦相手はベテランの金井桜さんだった。

原田先生の教えのとおり丁寧なかるたを心がけるもののどうしても体が動いてしまう。
相手はその速さについてこれないものの気付けば嫌な配置に!?

「良かった早いだけの子で♪」

千早はA級の厳しさを思い知らされるのだった。

桜井さんに惨敗した千早は新たな苦悩に直面していた。

B級決勝 肉まんVS太一
D級決勝 かなちゃんVS机君

自分意外の4人が決勝という快挙とともに「誰を応援すれば良いんだ!?」と困惑する千早だったが直ぐにその考えは消え去りこの試合の中にも自分に足りないかるたが有ると気付くのだった。

机君とかなちゃんの白熱した試合に見入る千早

そしてかなちゃんの勝利でその幕はとじる・・・

成長した二人を見つめ千早は涙があふれるのだった。

しかしそんなときにふと思い出す!!もう一試合の重要な試合を

気付いた時にはお互い1枚残り!※運命線にまでもつれ込んでいた!!

※次に札が詠まれた方が勝つ運頼みの勝負

しかし太一は運頼みにするつもりなどなく果敢に相手札を狙って行く。

落ち着いて自分の記憶を整理していく中・・・読まれたのは肉まんくんの札だった。

結果、瑞沢かるた部はD級が二人ともC級に肉まん君が優勝しA級に昇格しかなり勢い付くのだった。

そのころ、新も名人戦、西日本代表を目指す為、かるた会で練習に励む。

そして迎える吉野会大会。

千早は補習があるため参加できずに太一だけが参加することに、名人戦に挑戦するためにはここで優勝する事が最後のチャンスだった。

順調に勝ち進む太一、しかしそこに現れたのは新だった。

少女マンガ ちはやふる 登場キャラクター ネタバレ
少女マンガ ちはやふる あらすじ 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめの少女マンガ