好きっていいなよ。-9巻-最新刊までネタバレ

好きっていいなよ。-9巻-最新刊までネタバレ
最終回までレビューを紹介!

好きっていいなよ-最新刊

今回は「好きっていいなよ。」の9巻のネタバレありレビューを紹介しています。
ついに最終回を迎えた人気漫画を最新刊の18巻まで配信します!

好きっていいなよ。の概要

『好きっていいなよ。』は講談社の『デザート』で連載されていた少女漫画です。通称は「好きなよ。」。
2012年にアニメ化、2014年7月には実写映画化された人気作品です。
最終巻は18巻で2017年9月13日に発売されました。

あらすじ
女子高生の橘めいは小学生時代にクラスメイトに裏切られて以来、人を信じられなくなっていた。
そんなある日、めいはバイト先の客からストーカーされるようになり、クラスメイトでめいに気がある大和に助けを求める。
めいの元へ駆けつけた大和はストーカーを追い払うため、めいにキスをして…。

スポンサーリンク


好きっていいなよ。-9巻-あらすじ

黒沢大和と橘めいがつきあいはじめ、1年ちょっと。文化祭でのコンテストの結果を受け、大和とめぐみがデートをすることに。平気とはいったものの、心配を隠せないめいは、大和の兄・大地の美容室へ。そこで、大地が抱えていた想いを初めて知ることに。誰かを強く「好き」になった気持ちの行き先は……。
引用元:好きっていいなよ。

好きっていいなよ。-9巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち1.0

つまらないね…

本屋にある試し読み小冊子読んで買ってみました。

女の子キャラの顔の区別がつかない。誰が誰やら…男の子はイケメンなんだけど。

ストーリーもちょっと残念。

なんでメインの二人が主人公じゃないのか、ずるずるひっぱるために、他を出したのかな!?

小冊子はより抜きでおもしろく作ってあるのですかね…騙された感が…


5つ星のうち1.0

この展開は…

なぜいきなり

大和の兄の話をする必要があったのか?

誰が得をするのか?

少なくとも私はめいと大和の話を読みたかったのだが…

買った漫画を間違えたのかと思った


5つ星のうち1.0

番外編?

まずこちらの9巻、 物語の主人公 めいちゃんと大和くんはメインではありません。

なぜかいきなり 大和兄が出てきて だらだらと大和兄の話が丸々一冊分続きます。

1話分ならまだいいんですよ。

なぜ脇役にこんなにページ使うのか理解できません。

また、他の方がおっしゃっているように、私もめいちゃんや大和くん達の話が読みたかったです。


5つ星のうち1.0

あれ?

この巻では大和くんの兄がメインで描かれています。

突然兄が登場するので??って感じでしたが、そこの部分は正直どうでも

良かったです。

兄の交際相手の女性との馴れ初め・・・そして事故で彼女を失った事。

その後、同じ美容師の女性との恋心・・・。

大和くんもメイちゃんも関係なく兄メインだったこの巻・・・。

本当に必要だったのでしょうか・・・。


5つ星のうち2.0

うーん

漫画としてはさらっと読めます。でもメインの2人の関係も引っ張り過ぎ。同じような悩みのキャラが続出。めいの言葉遣いもころころ変わる。男の子がモデル、学園祭の美男美女コンテストと、古い少女漫画読んでるみたいです。

キャラの表情がいい点に☆2つです。


5つ星のうち4.0

毎回続きが楽しみでした、が

毎回ドキドキしながら新刊まだかまだかと待っていました。

が、引き延ばしたいためのエピソードと透けてみえてしまっているからか

間延びしているというのでしょうか。

もうちょっと二人の話に寄り添って読みたかったです。

ドラマ化はあとから知ったけれど、キャストには納得していないので

きっと漫画だけしか読まないと思います。


5つ星のうち5.0

テレビを見て面白かったので買ってみました。

第9巻しか私は読んでいません。でもよかったです。登場人物もTVではまだ出ていない人がたくさん出てきますがよく理解できました。主に大和の兄貴の話(元婚約者、美容師としての付き合い仲間)を中心に進んでいます。また大和に積極的にアタックしている(めいがいるのを知っていながら)読者モデルの「めぐみ」の話も結構あります。兄貴の方がクローズアップされていますがお薦めですよ。TVの先読みをされたい方どうですか?


5つ星のうち5.0

良かった

大地の話が、主ですが私は大地も好きなんで違和感なく読めました!めいと大和のイチャイチャは、全体の2割くらいかと思うくらい少ないです。ですが、読んで損はない、いい話だと思います!
引用元:好きっていいなよ。

■前回のネタバレ⇒好きっていいなよ。 ネタバレ 8巻 最新刊

好きっていいなよ。の全巻一覧はこちら

スポンサーリンク


人気のマンガ