好きっていいなよ。-6巻-最新刊までネタバレ

好きっていいなよ。-6巻-最新刊までネタバレ
最終回までレビューを紹介!

好きっていいなよ-最新刊

今回は「好きっていいなよ。」の6巻のネタバレありレビューを紹介しています。
ついに最終回を迎えた人気漫画を最新刊の18巻まで配信します!

好きっていいなよ。の概要

『好きっていいなよ。』は講談社の『デザート』で連載されていた少女漫画です。通称は「好きなよ。」。
2012年にアニメ化、2014年7月には実写映画化された人気作品です。
最終巻は18巻で2017年9月13日に発売されました。

あらすじ
女子高生の橘めいは小学生時代にクラスメイトに裏切られて以来、人を信じられなくなっていた。
そんなある日、めいはバイト先の客からストーカーされるようになり、クラスメイトでめいに気がある大和に助けを求める。
めいの元へ駆けつけた大和はストーカーを追い払うため、めいにキスをして…。

スポンサーリンク


好きっていいなよ。-6巻-あらすじ

まえとは違うあたしの声、伝わってるでしょう? ――学校一のモテ男・黒沢大和(くろさわやまと)とつきあい中の橘(たちばな)めい。なかなか自信が持てないでいためいは、めぐみの策もあって大和やみんなとすれ違い、人を失う怖さに足がすくんでしまう。そんなめいは海(かい)の励ましのおかげで、再び積極的になれるのだけど、海から思いもよらない話が……!? 大人気、リアル初恋ストーリー!!
引用元:好きっていいなよ。

好きっていいなよ。-6巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち3.0

可もなく不可もなく

大和役の櫻井さんと、めい父役の平田さん目当てで買いました。

櫻井さんでは爽やか大和になりすぎるんじゃ…と思いましたが、わりと早くに馴染めました。

ボリュームには文句なしですが、内容が漫画の序盤の物語を辿っただけのものだったので、オリジナルストーリーの1つでも入ってれば良かったのにな-。

ドラマCDのパッケージの中はCDのみだったし、せめて目次を書いた冊子ぐらい付けて欲しかったです。

コミックスの方はめぐたん祭りでした。

めぐみのエピソードより、大和がめいにメロメロになってる姿がもっと見た-い!


5つ星のうち3.0

めぐみちゃんの過去

この巻ではメイちゃんがカイくんに告白されますが、そのシーンを物陰から見ているめぐみちゃん。

相変わらず大和くんを諦めきれないめぐみちゃんですが、最後の悪あがきをしたりと本当に悪女な

めぐみちゃんが印象的でもありました。

この巻は悪女めぐみちゃんの登場が多くめぐみちゃんがメインって感じでした。

彼女の過去が描かれていましたが、だからといって共感する事が出来ませんでした。

育った環境は不運だとは思いますが、それでも真っ直ぐ育つ人間もいる訳ですし、全て自分以外の

人間のせいにしてしまう傲慢すぎるめぐみちゃんは可愛げがないし彼女には嫌悪感さえ抱いてしまうほどです。

かなり屈折しためぐみちゃんですが、彼女を救うのは誰なのか・・・気になるところです。


5つ星のうち5.0

好きっていいなよ。6

デザート系のまんがは昔のイメージが強く敬遠してましたが、となりの怪物くん目当てで本誌を買ってからこのまんがのファンになりました。 絵も可愛いし、何よりめいのキャラが可愛くて可愛くて(*’∀`) 大和でなくてもメロメロになってしまいました。 大和の格好良さはあんまりわかりませんが、出てくる女の子キャラだけでもオススメです。 憎まれ役のめぐみも誰からも好かれたいてのは理解できて、あんまり憎めません。


5つ星のうち1.0

設定が。。

人を信じられずに16年も生きてきた女の子が主人公なんですが、作者が設定を忘れてるのかと思うほどキャラが変わってしまってて、残念な感じになってます。

表向きはぶっきらぼうだけど芯は強くて自分の価値観を持ってる子、だったのに、ありきたりで今風な女の子にどんどんなっていっちゃって。そういう女の子じゃないめいがどうやって大和と恋愛していくのかが見どころだったのになー
引用元:好きっていいなよ。

■前回のネタバレ⇒好きっていいなよ。 ネタバレ 5巻 最新刊

好きっていいなよ。の全巻一覧はこちら

スポンサーリンク


人気のマンガ