好きっていいなよ。-12巻-最新刊までネタバレ

好きっていいなよ。-12巻-最新刊までネタバレ
最終回までレビューを紹介!

好きっていいなよ-最新刊

今回は「好きっていいなよ。」の12巻のネタバレありレビューを紹介しています。
ついに最終回を迎えた人気漫画を最新刊の18巻まで配信します!

好きっていいなよ。の概要

『好きっていいなよ。』は講談社の『デザート』で連載されていた少女漫画です。通称は「好きなよ。」。
2012年にアニメ化、2014年7月には実写映画化された人気作品です。
最終巻は18巻で2017年9月13日に発売されました。

あらすじ
女子高生の橘めいは小学生時代にクラスメイトに裏切られて以来、人を信じられなくなっていた。
そんなある日、めいはバイト先の客からストーカーされるようになり、クラスメイトでめいに気がある大和に助けを求める。
めいの元へ駆けつけた大和はストーカーを追い払うため、めいにキスをして…。

スポンサーリンク


好きっていいなよ。-12巻-あらすじ

高校1年からつきあいはじめた橘めいと黒沢大和は、3年に進級。将来を真剣に考え始めるめいたちだけど、大和の様子が……。一方、新入生の双子・凛と蓮がめいやみんなになじみ、それぞれの想いが大きく動きはじめる。2014年夏、実写映画公開決定!
引用元:好きっていいなよ。

好きっていいなよ。-12巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち1.0

覇気がない主人公

将来の進路に悩むメイちゃんですが、先生の提案で幼稚園のボランティアをします。

メイちゃんのキャラではとても無理があるのではと思いましたが・・・

案の定、メイちゃんの子供に対する接し方にかなり違和感を感じましたが、それでも良い台詞を無理やり

充てはめたりと益々不可解な構図になっていました。

作者さんは綺麗に纏めたつもりなのでしょうが、このチグハグな描写は本当にイタかったですよ。

そして大和くんにも悩みがありましたが、彼の力になりたいと思うメイちゃんは元恋敵のめぐみちゃんに

泣きながらお願いしたりと・・・何故泣くのか理解不能でした。それどころか、何気ないメイちゃんの行動が

残酷に感じたりと全く空気の読めないメイちゃんに憤りを感じてしまったくらいです。

カイくんの時もそうだったし、めぐみちゃんの時もそうだし・・・意外と残酷な事をサラッとするメイちゃんが

自己中にも見えました。今まで人と関わってこなかったメイちゃんだからそういった事も学べなかったんだろうなと

思いますがそれで通用してしまうのであれば恐ろしい。


5つ星のうち1.0

無機質…?

読んでいて違和感がありました。

あれ、なんかキャラクターの雰囲気が違う…?

個人的にはめいが顕著でした。

まるで別人が描いたかのような…

いつも新刊楽しみにしていただけに

凄くショックでした


5つ星のうち1.0

プレミアですか、、、

品切れのため読めません。じゃあ電子版を買えって意見もあるかと思いますが、、、

何だかねぇ、13巻出す時に増刷とか出来なかったのかなあ?

海賊版の取り締まりに熱心なくらい、新刊販売にも努力して欲しいものです。


5つ星のうち5.0

もどかしい恋はいつまで

もどかしい恋はいつまで続くんだろうー

もうやめようと思うのについ手にとってしまいます

次も予約してしまった…

デザインがちょっと変わったような気がする


5つ星のうち5.0

好きっていいなよは

最初から「次は何が起きるのか」と、いつも期待してしまう

根暗な女の子がドンドン素敵なって、ヤマトを魅了していく・・・

ふたりがいつも幸せであって欲しいと


5つ星のうち5.0

漫画

ネットで購入でき子供も喜んでいます。

また利用したいと思います。
引用元:好きっていいなよ。

■前回のネタバレ⇒好きっていいなよ。 ネタバレ 11巻 最新刊

好きっていいなよ。の全巻一覧はこちら

スポンサーリンク


人気のマンガ