2017/03/10

大正ロマンチカ 14巻 ネタバレ

大正ロマンチカ 14巻 ネタバレ
少女マンガ「大正ロマンチカ」を最終回まで配信!
おすすめの最新刊のあらすじも無料で公開!

ロマンチカ大正-ネタバレ

このページは「大正ロマンチカ」の14巻のネタバレと概要を無料で配信しています。

大正ロマンチカ-概要

『大正ロマンチカ』はネクストFで連載中の小田原みづえによる少女マンガ。
大正83年という、和と洋の文化が混在する架空の時代を舞台にしている。 
父の形見を取り返そうと公爵家を訪れた少女、滝川 明は何とか公爵と対面するが、彼は金髪碧眼で美形の異国人だった。
形見を返してもらうかわりに、公爵が日本にいる間、明はお嫁さん役をすることになるが・・・。

スポンサーリンク


大正ロマンチカ-ネタバレ-14巻

大正ロマンチカ-14巻

窓から見えた人物の正体を知るために、勝手に離れの扉を開けようとする明。
必死にドアノブを回しますが、カギがかかっていて開きません。
そのとき、背後から忍び寄る人物が…!!!(頬にあざがあったので多分夏目さん)

次の瞬間、明はベッドに寝かされていました。
心配そうに見つめる藤間。
なんと、明は薬品をかがされて気を失っていたのでした。
明を監視する役をつかわされている夏目さんが、焦りの余り手荒なことをしたのです。

「お父さんに会わせて」と頼む明に、藤間は「僕の条件を飲めるのなら」と言います。

藤間は明をデートに連れて行きます。
当てもなく電車に乗り、途中下車してお祭りに参加する二人。
一日中楽しく過ごします。

しかし、もともと身体の弱い藤間は、はしゃぎすぎて体調を崩します。
帰れないので、と宿を取って一泊することに(もちろん明はこの間すっごく嫌がっています)。

そこで、藤間の「今日は気分がいいので特別に」という言葉により
昔の話を始めます。
やはり、藤間は明のお父さんの記録の「藤」という人物だったのです。

それは14年前のこと。

「なぜこんなことができないんだ このガラクタが…!!」

「助けて 怖い お願い 許して―!!」

布団に寝かされていた男の子が悪夢から目を覚ましました。
それが、14年前の「藤」でした。

そして枕元には4歳くらいの女の子の姿。
その女の子が14年前の「明」でした。

どうやら、藤はけがをして道に倒れていたところを
明のお父さんによって保護され家に寝かされていたようです。

藤間の背中には大きな傷。
そして、全身の服に隠されている部分にだけたくさんの傷がありました。

しかし藤にはどうやってここへ来たかの記憶がありませんでした。
「藤」という名前も、藤の着物に残っていた名札のかすかな字から
明のお父さんが呼び名として付けたものでした。

このままだと身元不明のまま施設へ送られることになります。

付近の施設の空きが出るまで、藤は明の家で暮らすことになりました。

一緒に暮らすうちに、触れようとすると怖がったり、すぐに謝ったりという
藤の行動から、藤は虐待されていたという事実が浮かび上がってきました。

藤は明のお父さんから彫刻を教わり、完璧にこなします。

ある日、悪夢を見てうなされて目が覚めた藤は、隣の部屋から
大きな音がするので見に行くと、明が意識を失って倒れていました。

藤は明をおんぶして病院へ連れて行きます。
幸い、明は机の上から落っこちただけでたんこぶを作っただけでした。

すっかり仲良くなった藤と明。
しかし、ついに藤が施設『生慈園』へ入る日が決まります。

施設に入るまで、記念制作をしよう、という明のお父さんの提案で
二人で藤模様の入った箱を作り上げます。
その作品の記録に『藤と一緒に』という文字を書き込むお父さん。

そうして、藤は生慈園へと行くことになりました。
お別れの日、泣き叫ぶ明。
しかしお父さんは月に2回ほどは慈善事業で生慈園に立ち寄ることができ
藤に会えたようです。

生慈園で平和に暮らしていた藤でしたが、ある日施設に一本の電話が入ります。
夜中に起こされた藤は、園長(東郷先生と呼ばれています)に車でどこかへ連れて行かれます。

そして到着した先は、なんと藤の生家。

「このおれに恥をかかせる気か このガラクタが!!」
「いばらく地下室で反省してろ!!」
と罵声を浴びせられ、おそらく父親によって再び傷だらけにされた藤。

また生慈園に帰れるものだと思って、あの記念制作の「箱」も持ってくるのを忘れて
しまいました。

箱を取りに行かないと 

と決意した藤。

そこで回想は終わっています。

一泊した宿で目覚めた二人(明は廊下で座って寝ていました)。

藤間の復讐を止めるために「藤間さんと仲良くなりたい」という明に
「家族になりたい」という藤間。

「では妹になります!」という明に「花嫁じゃなくて?」という藤間。
公爵への復讐をやめることはない、と言います。

一方、今回出番がこれだけのレイ。
明が足りなくて消滅しそうになっているようです。

そこへ、またまた傷だらけの佐伯さんが訪ねてきます。
「ニセ藤間の…藤の正体がわかったんです!!」と言います。

そして、
「取り戻せるかもしれません 明さんを―…!!」
と訴えかける…

大正ロマンチカ 登場キャラクター ネタバレ
大正ロマンチカ 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ