2017/03/10

大正ロマンチカ 1巻 ネタバレ

大正ロマンチカ 1巻 ネタバレ
少女マンガ「大正ロマンチカ」を最終回まで配信!
おすすめの最新刊のあらすじも無料で公開!

ロマンチカ大正-ネタバレ

このページは「大正ロマンチカ」の1巻のネタバレと概要を無料で配信しています。

大正ロマンチカ-概要

『大正ロマンチカ』はネクストFで連載中の小田原みづえによる少女マンガ。
大正83年という、和と洋の文化が混在する架空の時代を舞台にしている。 
父の形見を取り返そうと公爵家を訪れた少女、滝川 明は何とか公爵と対面するが、彼は金髪碧眼で美形の異国人だった。
形見を返してもらうかわりに、公爵が日本にいる間、明はお嫁さん役をすることになるが・・・。

スポンサーリンク


大正ロマンチカ-ネタバレ-1巻

大正ロマンチカ-1巻

大正時代、有名なアンティーク贋作家の娘、滝川明(たきがわめい)は、父のオリジナル作品であるブローチを手に入れるために、ランスウォル公爵家に不法侵入しようとします。

すぐにとらえられる明。

形見を返してくれるためなら何でもします、という明に金髪碧眼の公爵は、僕のパートナーになって下さいと言い出します。

独身の公爵は、晩餐会に出席するためのパートナーを、探していたのでした。

パートナーとーいうのは、お嫁さんのことですね、と誤解する明。

日本にいる間だけの、仮の花嫁役だと思っているのです。

晩餐会に出席した明は、本物だと紹介されたアンティーク家具を

贋作だと見抜きます。

明は父の影響でたいそうな目利きだったのです。

翌日、公爵家に飾ってあった、明の父のブローチがなくなりました。

使用人の証言もあり、明に疑惑の目が向けられます。

昨日の晩餐会で明に贋作だと見抜かれ、恥をかいた令嬢が仕組んだ罠だったのです。

ブローチを盗んだ使用人と、令嬢が話しているのを聞いた明は、ブローチを取り返そうともみ合いになります。

川に落ちた明を助けたのは、なんと公爵でした。

はなから、公爵は明を疑ってはいなかったのです。

ふたりの信頼感が少しだけ、深くなった出来事でした。

明は随分と子供っぽいのですが、いくつくらいなのでしょうね。

金髪でプレイボーイの公爵様の仕事は、骨董品を売買する貿易商です。

その仕事を手伝うようになった明。

明の目利きは確かですが、彼女は贋作をとても憎んでいます。

それは、贋作というものが、自分と父を引き裂いたものだと

思っているからです。

彼女の父は稀代の贋作家と、呼ばれていました。

そして、その父を失うことになったのが、滝川事件と呼ばれるものでした。

仕事仲間で友人の修復士、佐伯も明を公爵の手元に置くことに反対します。

しかし公爵は明を手放す気は

さらさらありません。

どうも、滝川事件そのものにも公爵は、からんでいるようなのです。

大正ロマンチカ 登場キャラクター ネタバレ
大正ロマンチカ 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ