夢の雫、黄金の鳥籠 8巻 ネタバレ

夢の雫、黄金の鳥籠 8巻 ネタバレ
少女マンガ「夢の雫、黄金の鳥籠」をネタバレ!
あらすじを最新刊まで無料で配信!

夢の雫、黄金の鳥籠-ネタバレ

このページは「夢の雫、黄金の鳥籠」の8巻のネタバレと概要を無料で配信しています。

夢の雫、黄金の鳥籠-あらすじと概要

『夢の雫、黄金の鳥籠』は、姉系プチコミックで2010年から連載されている篠原千絵による、オスマン帝国皇帝の后ヒュッレムの生涯を描いた少女漫画。

ルテニアの小さな村はある夜、タタール人に襲撃され、少女アレクサンドラは奴隷商人に売られてしまう。そしてヒュッレムという名を与えられた後、オスマン帝国皇帝スレイマン1世に献上され後宮で暮らすことになるが・・・。

スポンサーリンク


夢の雫、黄金の鳥籠-ネタバレ-8巻

夢の雫、黄金の鳥籠-8巻

スレイマン1世の治世3年目。

エジプト総督アフメットが着任半年で謀反を起こす。

スレイマンはカイロの第二宰相ムスタファに対応させ、派兵を待つように申しわたす。

ヴェネチア商人・アルヴィーゼはスレイマンに忠誠を誓い、土地と屋敷を与えられる。

広大になったオスマン帝国を治めるには有能な臣下が必要となり、スレイマンが

イブラヒムに皇帝の代理となることを望んでいると知る。

地位と権力を与えられたイブラヒムは、ヒュッレムを下賜される望みをますます強くするが

スレイマンはハディージェ皇女との結婚を命じる。

しかし、ハディージェは恋人・アルヴィーゼの子を宿しており

駆け落ちを企てるがスレイマンに先回りされ失敗。

イブラヒムはハディージェとの結婚を決意し、ヒュッレムに別れを告げる。

1524年5月22日、帝都イスタンブルでイブラヒムとハディージェの婚礼が執り行われる。

アフメットが謀反を起こしてから半年後。

スレイマンから討伐軍の総司令官に任じられたイブラヒムは1524年夏、エジプトへと向かう。

夢の雫、黄金の鳥籠 登場キャラクター ネタバレ
夢の雫、黄金の鳥籠 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ