夢の雫、黄金の鳥籠 1巻 ネタバレ

夢の雫、黄金の鳥籠 1巻 ネタバレ
少女マンガ「夢の雫、黄金の鳥籠」をネタバレ!
あらすじを最新刊まで無料で配信!

夢の雫、黄金の鳥籠-ネタバレ

このページは「夢の雫、黄金の鳥籠」の1巻のネタバレと概要を無料で配信しています。

夢の雫、黄金の鳥籠-あらすじと概要

『夢の雫、黄金の鳥籠』は、姉系プチコミックで2010年から連載されている篠原千絵による、オスマン帝国皇帝の后ヒュッレムの生涯を描いた少女漫画。

ルテニアの小さな村はある夜、タタール人に襲撃され、少女アレクサンドラは奴隷商人に売られてしまう。そしてヒュッレムという名を与えられた後、オスマン帝国皇帝スレイマン1世に献上され後宮で暮らすことになるが・・・。

スポンサーリンク


夢の雫、黄金の鳥籠-ネタバレ-1巻

夢の雫、黄金の鳥籠-1巻

16世紀、ルテニア地方の貧しい村で生まれ育った司祭の娘・サーシャ(アレクサンドラ)。

ある日村がタタール人の襲撃に遭い、友人のオーリャと共に捕らえられ奴隷商人に売られてしまう。

奴隷として売られたヴェータ(ヌール・ジャハーン)や、脱走の折に助けられたマテウス(イブラヒム)

と出会い、奴隷市場で再会したマテウスに買われます。

サーシャはイスタンブルのイブラヒムの屋敷で教育を受け、ヒュッレムという名前を与えられて

スルタンであるスレイマン1世に献上される。

ハレム(後宮)入りしたヒュッレムは側室となっていたヌール・ジャハーンと再会。

小姓頭であるイブラヒムの強力な後ろ盾を持つため異例の早さでスルタンのお召しがあり、

それゆえにヒュッレムの存在を邪魔にする人間に毒を盛られ、命を狙われたりと

ハレムの恐ろしさを思い知らされる。

ヌール・ジャハーンに手紙で呼び出されたヒュッレムは彼女が拉致される現場を目撃。

2人を処分するため、すべてはバシュ・カドゥン(第一婦人)ギュルバハルが仕組んだ罠だった。

ヌール・ジャハーンはスルタンの子を妊娠しており、今までにも妊娠した妾たちが同じように

始末されていたことをヒュッレムを助けにきたイブラヒムから聞かされる。

ヌール・ジャハーンは生きたままボスフォラス海峡に沈められた。

ギュルバハルと戦いスルタンの子をたくさん産める女を探していた、ヒュッレムならできると信じている

とイブラヒムに告げられる。

夢の雫、黄金の鳥籠 登場キャラクター ネタバレ
夢の雫、黄金の鳥籠 全巻一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ