地球のおわりは恋のはじまり-4巻-ネタバレ-レビュー

地球のおわりは恋のはじまりの4巻のネタバレを最新刊まで公開!
最終回までの評価とレビューを配信!

地球のおわりは恋のはじまり-ネタバレ-レビュー

漫画大好きリサッピです!

今回は漫画「地球のおわりは恋のはじまり」の4巻のネタバレを紹介しています。

概要

『地球のおわりは恋のはじまり』は、デザート(講談社)に連載されているタアモによる少女漫画。

-あらすじ-
柳瀬真昼は幼い頃から双子のかわいい妹と比べられ、「じゃない方」扱いを受けてきた。
しかし、高校入学早々、真昼と仲良くなりたいと思うイケメンの里見 蒼が現れ…。

スポンサーリンク


地球のおわりは恋のはじまり-4巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち3.0

ネガティブ少女×押せ押せイケメンとはなんだったのか。

真昼のネガティブ思考がギャグ成分の中心であったため、

真昼の心的成長とともに「地球がおわる」が描かれなくなり、

物語としての抑揚が弱くなりテンポが悪く感じる。

1巻で描かれてたネガティブ少女の真昼はどこへ行ってしまったんだろう…

妹が参戦して以降、真昼の気持ちのブレに一読者としての気持ちがついていかなくなり

読んでいるときの幸せがなくなってしまった。

また、3巻の番外編のような銀河くんがすごい好きだったのですが、

今巻のメインストーリーは期待を悪い方に裏切る展開でよろしくなかった。

とりあえず次巻を待ちます。


5つ星のうち2.0

あらら

4巻まで通して読んでの感想です。

1,2巻のほのぼのとした雰囲気で話が進むのかと思っていたら、どんどんドロドロしてきて、がっかりです。

こういう展開なら、買わなければよかった…

真夜や銀河の行動に唖然です。

真夜の真昼に対する思い、銀河の蒼に対する思いにジーンと来てたのに。


5つ星のうち4.0

恋に障害はつきもの……

4巻に入り、人間関係がやや拗れ気味に。

けど、蒼くんと真昼を信じるだけです。

未読の方は、買うだけ買っておいて5巻が出たら一気に読んでほしい、そんな展開……

12月頃が待ち遠しい!

■前回のネタバレ⇒地球のおわりは恋のはじまり ネタバレ 3巻 レビュー

地球のおわりは恋のはじまり 全巻一覧 ネタバレ←はこちら
地球のおわりは恋のはじまり 最新刊 発売日←はこちら

スポンサーリンク


おすすめのマンガ