地球のおわりは恋のはじまり-2巻-ネタバレ-レビュー

地球のおわりは恋のはじまりの2巻のネタバレを最新刊まで公開!
最終回までの評価とレビューを配信!

地球のおわりは恋のはじまり-ネタバレ-レビュー

漫画大好きリサッピです!

今回は漫画「地球のおわりは恋のはじまり」の2巻のネタバレを紹介しています。

概要

『地球のおわりは恋のはじまり』は、デザート(講談社)に連載されているタアモによる少女漫画。

-あらすじ-
柳瀬真昼は幼い頃から双子のかわいい妹と比べられ、「じゃない方」扱いを受けてきた。
しかし、高校入学早々、真昼と仲良くなりたいと思うイケメンの里見 蒼が現れ…。

スポンサーリンク


地球のおわりは恋のはじまり-2巻-ネタバレ-レビュー

5つ星のうち5.0

可愛い恋愛話

まあ、タアモらしい作品だね。読めば、読むほど、シンプルで、新鮮な出来上がり、ちょっと題名とは、違うかな。


5つ星のうち4.0

前巻ラストのキスから交際の申し込み→受ける!

前巻のファーストキスから交際を申し込まれた真昼は「夢遊病者」の如くフラフラと帰宅。

真昼理論では幸せと不幸せは釣り合いが取れていて、キスなんて経験した日にはそれに並ぶような不幸が起きる!

インフルエンザに翌日から罹患して1週間も学校へ行けなくなる。

告白の返事保留を続けるのは卑屈な生き方からなかなか1歩が踏み出せないから。

相手は手を差し出してくれているのである。しかも過去に邂逅があった相手だ。

勇気は常に自分で持つもの。踏み出した者にこそ幸せは訪れる。

さ、手を取って。

それでは。

ではでは。

「お嬢さん、恋の相手はお手柔らかに」。


5つ星のうち5.0

相変わらずヒロインが可愛い

相変わらずヒロインの真昼が可愛くて面白いです

やはり若干マゾっ気もあるような…(笑)

蒼君との仲も進展しますし、ツンデレ美少女との友情も可愛い

あとこの作品は、キャラ同士の会話とかノリのテンポが独特だなあと思います

最後やカバー裏にもおまけがあるので本誌を見た人にもお勧めです

■前回のネタバレ⇒地球のおわりは恋のはじまり ネタバレ 1巻 レビュー

地球のおわりは恋のはじまり 全巻一覧 ネタバレ←はこちら
地球のおわりは恋のはじまり 最新刊 発売日←はこちら

スポンサーリンク


おすすめのマンガ