一週間フレンズ。 1巻 ネタバレ 原作

一週間フレンズ。 1巻 ネタバレ 原作
「一週間フレンズ」をネタバレ!映画の原作!キャストと主題歌も紹介!
最終回のその後も無料で配信!アニメの動画もおすすめ!

一週間フレンズ。-ネタバレ

このページは「一週間フレンズ。」の1巻のネタバレと概要を無料で配信しています。アニメや映画の原作になったおすすめの漫画!

一週間フレンズ。-あらすじと概要

『一週間フレンズ。』は、月刊ガンガンJOKERで2011年に読み切りで掲載後、2015年2月号まで連載された葉月抹茶による漫画。
原作は7巻38話まで発行されているが、最終回のその後が雑誌で39話として掲載された。2014年にアニメが放送され、舞台公演も行われた。
2017年には松竹配給で映画が公開され、キャストは主演に川口春奈と山﨑賢人を起用した。さらに、アニメで祐樹と香織の声優を演じた山谷祥生と雨宮天も声で出演することになっているほか、主題歌もアニメと同じく「奏」を使用している。

高校生の祐樹は、いつも一人でいるクラスメイトの香織と仲良くなりたいと思って近づくが、彼女は「友達との記憶を1週間で無くしてしまう」障害を負っていた…。それでも祐樹は香織となんとか仲良くなろうとし…。

スポンサーリンク


一週間フレンズ。-ネタバレ-1巻

一週間フレンズ。-1巻

人と一切関わろうとしない女子高生藤宮香織

そんな香織が気になり、友達になりたいと思っていたクラスメイトの長谷祐樹

ある日、勇気をもって「友達になってください。」と言う。

「嬉しいけど、ごめんなさい。」と断られたが、強引に屋上で昼食を一緒に食べたりして香織も笑顔を見せるようになった。

金曜日の昼、長谷は香織に秘密を打ち明けられる

香織「仲のいい人とか もっと一緒にいたいって思える人との記憶がね 一週間ごとにリセットされちゃうんだ」

「俺との記憶が? 全部? 月曜日には全部なかったことになって ー 全てが最初からに - 」

それでも友達になりたいという長谷

月曜日の昼休み

話しかけると警戒する目つきの香織にまた長谷はいう。「友達になってください」

香織が不安だろうと記憶を残して置けるように日記をすすめた長谷

長谷には言えなかったが以前に日記をつけていた時、文字の記憶は実感がわかなくて悲しくなりやめてしまっていた

長谷と一緒に過ごす時間がすごく楽しかったことが思い出せないのは余計につらいことを察した長谷

「心配しなくて大丈夫だから 決して0になることはないでしょ?」と支える

長谷は友達の桐生将吾にも香織の事情を知ってもらった

香織と桐生が関りをもってから数日の月曜日

桐生のことは覚えていて長谷のことは覚えていなかった香織

今までに覚えていた人は「友達じゃない人」という香織に「俺も友達だと思ってないけど」という桐生

それでもクラスメイトの陰口から香織をかばい助けた桐生は「友達の友達って面倒だから『友達』ってことにしておく」と。

香織も桐生に自分の言葉で伝えろ、と言われたのを思い出し「私だって友達いるんだからー!!」とクラスメイトに叫んだ

一週間フレンズ。 登場キャラクター ネタバレ 原作
一週間フレンズ。 全巻一覧 ネタバレ 原作

スポンサーリンク


おすすめのマンガ