ダメな私に恋してくださいR(リターンズ) 3話(1巻) ネタバレ 漫画

ダメな私に恋してくださいR(リターンズ) 3話(1巻) ネタバレ 漫画
「ダメ恋R(リターンズ)」の最新刊をネタバレ!
発売日が待ち遠しい人気の漫画を最終回まで配信!

ダメな私に恋してくださいR-ネタバレ

このページは「ダメな私に恋してくださいR(リターンズ)」の3話(1巻)のネタバレと概要を紹介しています。最新刊・最終回まで配信!

ダメな私に恋してくださいR(リターンズ)-あらすじと概要

ダメな私に恋してくださいR(リターンズ)-あらすじ

黒沢と両思いになったミチコは結婚を夢見ていたが、黒沢の作る料理を食べ過ぎているせいで太ってしまう…。
ダイエットのために始めたウォーキング中に足を怪我してしまうが、偶然にも取引先の美容会社社長の南雲に助けてもらうが、南雲はミチコのことが気に入ってしまい…。

ダメな私に恋してくださいR(リターンズ)-概要

『ダメな私に恋してくださいR(リターンズ)』はドラマ化もされた前作「ダメ恋」の続編で、『YOU』(集英社)で2016年から連載されている少女漫画。2017年2月には第1巻も発売された。

スポンサーリンク


ダメな私に恋してくださいR(リターンズ)-ネタバレ-3話(1巻)

ダメな私に恋してくださいR(リターンズ)-3話(1巻)

会社

特別手当をエサにされ、心が揺らぐミチコ。しかし、主任のことを考えると、やはり簡単にハイとは言えません。

ミチコが悩んでいると、南雲社長から試作中のメニューの資料を渡されます。

「ステーキ」
「ステーキダイエット」

「おいしいお肉を上手に食べてヤセるんだ」

「おいしいお肉を食べてヤセる」

「社長」

「はい」

「最&高です南雲社長」
「私でよければなんなりとお申し付けください」

肉が出た途端にランランと目を輝かせ、その場でOKしてしまいます。

夜、南雲社長と一緒に仕事をすることになったことを、主任に伝えるミチコ。すると主任は、めっさ変な顔になってしまいます。

「そういう顔すると思ってました」

「おまえほんと・・・」

「ちがうんですよ聞いてください!」
「私のことバカだと思ってるでしょ」

「思ってるよ日常的に」

「違うんです!」
「目を閉じない!」
「耳をふさがない!」

「アホがうつる」

「アホはうつらない!」

ミチコはどうにか主任を説得しようとしますが、主任は聞く耳持ちません。

「何が心配なんです?」
「私が浮気するとでも??」

「ちげーよ」
「いつも変なことに巻き込まれるだろうがおまえは」

「貢いだり?」

「貢いだり」

「なんとも思ってない人に貢いだりしませんよ私」
「知ってるでしょ?」
「わたし主任が一番好きなんですよ?」

「おまえ・・・」
「急になにを・・・」

ミチコのストレートの言葉に照れながら狼狽する主任。結局、最上君も一緒だとうことで、主任も渋々ながらOKします。

数日後

数日後。この日、ミチコと最上くんは南雲社長の会社で打ち合わせ。メニュー案が固まってきたようで、ミチコは資料を見せられますが、目玉が飛び出そうになります。

「アホみたいに高いじゃないです!」

「え」
「そう?」

「アホみたいに高いですよ!」

「2回も言うほど?」

「じゃランチはもうちょっと安く2000円前後にようと思ってますがどうですか」

「アホみたいに高いですよ!」

取引先の社長の前で「アホ」を連発するミチコ。しかし、南雲社長はミチコの意見を真剣に検討してくれます。

南雲社長はミチコに、社員では言えない素直な意見を求めて指名したようです。そんな仕事モードの南雲社長は、いつも違った雰囲気に感じます。

打ち合わせが終わり、会社の外までミチコ達を見送る南雲社長。

「僕がなんらかの下心を持って指名したと思ったでしょう」
「こう見えて僕は仕事熱心なんですよ」
「仕事とプライベートは一緒にしたりはしません」
「だから今後もよろしくお願いしますね」

南雲社長は、澄んだ笑顔を浮かべます。

さらに数日後

この日の夕方も南雲社長に会う予定ですが、最上くんが別件で行けなくなり、ミチコが1人で資料を持って行くことに。

ミチコが最上くんから預かった資料を南雲社長に渡すと、これから他のカフェへの視察に誘われてしまいます。

「大丈夫」
「視察という名の仕事です」
「仕事とプライベートは一緒にしません」
「絶対に・・・」

「はあ・・・・」

少し心配ではあるものの、この前 真剣に仕事に打ち込む南雲社長の仕事を見せられたミチコは、ついOKしてしまいます。

しかし、さすがに素直に主任に言うことはできず、電話で最上くんも一緒だと嘘をついてしまいます。

視察先のカフェでお肉を注文するミチコ達。ミチコはしばらくぽわ~んと恍惚の表情を浮かべた後、今度はキリッと真剣な表情でお肉に手を付けます。

そんなミチコを見てクックックッと笑いを堪えきれなる南雲社長。

「柴田さんおもしろいね」

「べつにおもしろくないですよ」
「真剣に生きてるだけで」

「いやおもしろいよ」
「柴田さんみてると元気が出る」

「?」
「元気ないんですか?」

「・・・あるよ」
「人並みには」

言葉とは裏腹に、南雲社長はどこか寂しげな表情を浮かべます。

(・・・なんだろう)
(南雲さん元気ない・・・?)
(仕事モードだからかな)

この後、南雲社長に付き合い、ミチコはお酒まで飲んでしまいます。

お店

主任のお店へアキラと最上くんが食事にやってきます。最上くんの顔を見て、顔をこわばらせる主任。

「・・・なにしてんだ」
「おまえ」

「え?」

それからしばらくして、酔ってメロメロになったミチコがいい気分で帰ってきます。

美味しいお肉を食べてきたことを、幸せそうに主任へ伝えるミチコ。しかし、主任はうつむいたまま、目を合わせません。

「・・・誰と」

「え?」

「やだな連絡したじゃないですか最上く・・・」

「最上ならさっきまでここにいたぞ」

「え・・・?」
「え・・・」
「なんで・・・」
「え」
「いや」
「ちがうんです」

席を立ち、部屋へ戻っていく主任。

「温泉はナシだ」

ミチコを睨みつけながら、そう伝えます。

ダメな私に恋してくださいR(リターンズ) 全話一覧 ネタバレ 漫画
ダメな私に恋してくださいR(リターンズ) 最新刊 発売日

スポンサーリンク


おすすめのマンガ