2017/02/15

ココロ・ボタン 12巻 ネタバレ 最終回

ココロ・ボタン 12巻 ネタバレ 最終回
「ココロ・ボタン」を最終回までネタバレで全巻を無料で配信!
5年後を描いた番外編もおすすめの少女マンガ!

ココロ・ボタン-ネタバレ

このページは「ココロ・ボタン」の12巻のネタバレと概要を無料で配信しています。

ココロ・ボタン-あらすじと概要

『ココロ・ボタン』は、小学館『ベツコミ』で2009年から2013年まで連載された宇佐美真紀による少女マンガ。
2014年には最終回から5年後の新奈と古関を描いた番外編も掲載された。
2016年からはムービーコミックが配信されている。

女子高生の新奈は入学式当日、体調が悪くうずくまっているところを助けてくれた男子高校生の古閑のことが好きになり告白した。
とりあえず試しに付き合うことになった二人だが、実は古閑はSで…。

スポンサーリンク


ココロ・ボタン-ネタバレ-12巻

ココロ・ボタン-12巻

いよいよ卒業式の日を迎え、新菜は気合を入れて家を出る。

友達と登校するのも、古賀と一緒に歩くのも最後だと感慨にふける。

だが古賀はいつもの通りマイペースで、新菜にいつも通り意地悪な態度を取る。

あれから新菜は古賀のために英語の成績をあげ、大学の英文科の合格していた。

古賀が大学を出てからアメリカに行くので、ついていくために努力したのだ。

速水送られてきたふざけたメールを古賀から見せられ、新菜は破顔する。

速水は京都の大学に行くことになり、知らせてきたのは行く直前。

作家を目指しながら大学に通うと決めた速水に、環は精一杯のエールを贈った。

旅立っていく速水の背中を、三人は寂しげに見送った。

学校に到着し、葵に花をつけてもらう新菜。

相変わらず谷には冷たい態度だった。

新菜は去年の卒業式で古賀と約束した「好き」って言ってもらうことを思い出し、わくわくする気持ちが止まらない。

妄想を爆発させる新菜。

Sponsored Link
[コミックシーモア]コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──

卒業証書を受け取り、答辞を読む古賀の堂々とした姿に胸が熱くなっていた。

古賀と過ごした三年間の思い出が蘇る。

さんざん大泣きし、みんなに後で打ち上げに行くことを告げた新菜。

古賀から教室に呼び出され、一目散に向かった。

そしてついに、古賀からその言葉が聞けると思った瞬間、無常にもチャイムの音が鳴り響き、古賀の声がかき消されてしまう。

唖然とするしかない新菜の前で、ニコニコ笑いながら一度しか言わないと宣言する古賀。

帰り道で激しく落ち込む新菜を、古賀は優しい表情で突然可愛いと褒める。

今度は顔を真っ赤に染める新菜のおでこを撫でまわし、満面の笑みで「好きだよ」と告げる。

はっきりと新菜のそういうところが好きだと言い、新菜を抱きしめた。

新菜も嬉しくて必死に応え、古賀を抱きしめる。

余韻に浸る新菜に古賀は頻繁には言わないと釘を刺すが、次に言うのは結婚式だと言う。

一旦落ち込んだ新菜は、慌ててもう一度聞き返すが、古賀はいつものように意地悪に笑って誤魔化すのであった。

ココロ・ボタン 登場キャラクター ネタバレ 最終回
ココロ・ボタン 全巻一覧 ネタバレ 最終回

スポンサーリンク


おすすめのマンガ