クズの本懐 9話~10話(2巻) ネタバレ

クズの本懐 9話~10話(2巻) ネタバレ
漫画「クズの本懐」をネタバレで最終回まで無料で配信!
完結までの全巻を公開!アニメとドラマの動画もおすすめ!

クズの本懐-ネタバレ

このページは「クズの本懐」の9話~10話(2巻)のネタバレと概要を無料で配信しています。

クズの本懐-概要

『クズの本懐』は、月刊ビッグガンガンで2012年より連載されている横槍メンゴによる漫画。累計100万部を突破している人気作品。
2017年1月より、フジテレビ「ノイタミナ」枠にてアニメが放送開始され、ドラマも1月19日から同局にて放送されている。
高校生の安楽岡花火と粟屋麦は周りからは理想のカップルと見られていたが、2人とも他に好きな人がいることを知りながら付き合っていた。
花火は幼馴染で兄のように慕う鐘井鳴海を、麦は家庭教師だった皆川茜を想っていた。そんなある日、鐘井と茜が花火たちの高校に新任教師としてやって来て…。

スポンサーリンク


クズの本懐-ネタバレ-9話~10話(2巻)

クズの本懐-9話

早苗は花火と出会ったときのことを思い出す。

高校受験の日の電車で、痴漢に遭っていた早苗を花火は助けたのだった。

それまで早苗は自分のことをただの男嫌いと思っていたが、
そうでないことを気づかせたのが花火だった。

花火の家に泊まりに行くことになった幸運を喜ぶ早苗。

早苗は花火のベッドの中で花火にキスをしてしまったいきさつを思い出す。

早苗が泊まりに来ることを喜ぶ花火は、
早苗だと気兼ねなくしゃべれると言う。

喜ぶ早苗は理由を聞くと
花火は「なんか好きだから」と言われてさらに浮かれる。

一緒のベッドで寝ることになる。

花火は早苗に
「好きな人はどんな人?」
と問いかける。

早苗は花火にキスをして
「粟屋の事
 そんなに好きじゃないんでしょう」
と言う。

花火は眼を逸らして誤魔化そうとするが、早苗は“わかる”という。

花火は好きな人がいるがその人は自分を好きにならないと答える。

そのため、麦といると言う。

早苗は“それなら私でも慰めることができる”と主張して、
花火に「好き」と言う。

翌日
早苗の帰宅後。

花火は母親のお使いを頼まれて、外出中に“早苗の花火に対する好意”について考えていた。

人の好意の重さを実感する花火。

お使いの帰り道に偶然モカとすれ違う。

モカは悪態をつくが、花火は無視をする。

モカは振り返らない花火に対して
「別にいいでしょ
 麦じゃなくても
 取らないでよ
 私には麦しかいないんだから」
と叫ぶ。

花火は逃げてばかりの自分に気付く。

クズの本懐-10話

麦は中学時代の先輩“芽衣”を思い出す。

芽衣の体はとても華奢だったが胸は大きかった。

麦は芽衣が麦に向ける熱が怖かった。

麦が目を覚ますと、部屋には花火がいた。

鍵が開いていたため勝手に入ってきたと言う。

麦はベッドから出ようとしないが、花火が強引に入ってくる。

麦は花火を抱きしめると花火は「たってる」と言う。

麦は触るように指示するが、やっぱりやめようと花火の手を遮る。

芽衣とのことを思い出す麦。

麦は“止まらなくなる”と言うが
花火は“止まんなくなってよ”と言う。

麦井は芽衣の言っていた“思春期”という言葉を思い出し、
自分は“思春期のおもちゃ”なのだと思う。

クズの本懐 登場キャラクター ネタバレ
クズの本懐 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ