クズの本懐 27話~28話(5巻) ネタバレ

クズの本懐 27話~28話(5巻) ネタバレ
漫画「クズの本懐」をネタバレで最終回まで無料で配信!
完結までの全巻を公開!アニメとドラマの動画もおすすめ!

クズの本懐-ネタバレ

このページは「クズの本懐」の27話~28話(5巻)のネタバレと概要を無料で配信しています。

クズの本懐-概要

『クズの本懐』は、月刊ビッグガンガンで2012年より連載されている横槍メンゴによる漫画。累計100万部を突破している人気作品。
2017年1月より、フジテレビ「ノイタミナ」枠にてアニメが放送開始され、ドラマも1月19日から同局にて放送されている。
高校生の安楽岡花火と粟屋麦は周りからは理想のカップルと見られていたが、2人とも他に好きな人がいることを知りながら付き合っていた。
花火は幼馴染で兄のように慕う鐘井鳴海を、麦は家庭教師だった皆川茜を想っていた。そんなある日、鐘井と茜が花火たちの高校に新任教師としてやって来て…。

スポンサーリンク


クズの本懐-ネタバレ-27話~28話(5巻)

クズの本懐-27話

映画を“面白かった”と言う麦にモカは安心する。

“つまらなかったらそれはモカではなく映画が悪い”
という麦を
モカは改めて“好き”と感じる。

麦とモカは晩御飯を食べにいく。

花火はタクヤとのやり取りを思い出していた。

タクヤを引き留めようとした行為を後悔する花火。

“タクヤの好意”が手に入らなく
“欲”と“好意”の区別がつかずに浮かれていた自分を恥じる。

花火は
“相手には執着されたいが
 自分は何も与えたくない”
と思う。

周りにいるカップルを見て
“自分も鳴海とそうなりたかっただけ”
と思う花火。

麦に電話をするが
麦はモカの相手をしていて出なかった。

モカは自分に気にせず電話に出ていいというが
麦は花火からの着信を無視する。

モカは麦に“ありがとう、楽しかった”と言う。

モカは
「どうせ叶わないのなら
 楽しい思い出にしてしまえばいい」
と思う。

麦はモカの様子がおかしかったのでわけを聞く。

モカは“覚めない夢の中にいれば一生幸せでいられる”と決意しようとするが
麦に
「すき」
と言う。

麦はモカを抱き寄せてキスをする。

クズの本懐-28話

麦はモカを自宅へ連れていく。

モカは麦のベッドに横たわる。

モカは麦とのデートを“楽しいのと同じくらい物足りなかった”と言う。

モカは小さいころのことを思い出していた。

モカが我儘を言っても麦は許してくれていた。

モカは自分を“泣けばなんでも許される存在”であると自覚していた。

“自分の価値”を利用してきた自覚のあるモカ。

麦とのことを
“ちゃんと振り向かせてから”
と思う自分もいるが
“今 触れたい”
という気持ちが上回る。

麦とモカはキスをすると
モカは
「こんなこと
 あの子としてたの?」
と言うと
麦はそのことを謝りつつ
「モカがめちゃくちゃかわいいから」
という。

モカは
“好きって言ってもらえなくても
 可愛いから生きていける”
と思う。

モカは麦に
「好き」
と言うが、
麦はその言葉に同じ返事をしない。

花火は自宅の風呂で“疲れた”と感じていた。

風呂上がりのアイスの棒をゴミ箱めがけて投げて
“一発で入ったら勇気を出す”
と決める。

投げた棒は壁に当たり跳ね返ってゴミ箱に入る。

花火は夏休みが終わるまでに告白しようと決意する。

クズの本懐 登場キャラクター ネタバレ
クズの本懐 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ