クズの本懐 25話~26話(5巻) ネタバレ

クズの本懐 25話~26話(5巻) ネタバレ
漫画「クズの本懐」をネタバレで最終回まで無料で配信!
完結までの全巻を公開!アニメとドラマの動画もおすすめ!

クズの本懐-ネタバレ

このページは「クズの本懐」の25話~26話(5巻)のネタバレと概要を無料で配信しています。

クズの本懐-概要

『クズの本懐』は、月刊ビッグガンガンで2012年より連載されている横槍メンゴによる漫画。累計100万部を突破している人気作品。
2017年1月より、フジテレビ「ノイタミナ」枠にてアニメが放送開始され、ドラマも1月19日から同局にて放送されている。
高校生の安楽岡花火と粟屋麦は周りからは理想のカップルと見られていたが、2人とも他に好きな人がいることを知りながら付き合っていた。
花火は幼馴染で兄のように慕う鐘井鳴海を、麦は家庭教師だった皆川茜を想っていた。そんなある日、鐘井と茜が花火たちの高校に新任教師としてやって来て…。

スポンサーリンク


クズの本懐-ネタバレ-25話~26話(5巻)

クズの本懐-25話

学校で花火と麦は仲良く花火の手作り弁当を食べている。

同級生は羨ましがるが
ロコツ過ぎて“プレイ”と感じる人もいる。

麦は早苗のキツい視線を感じて話しかける。

早苗は意味ありげに
「花火はモテるからさあ
 油断しちゃダメだよ」
と言う。

麦は花火の消えかけのキスマークを思い出す。

麦は“早苗は花火の浮気相手(男)を知っているのでは?”と思う。

早苗は“花火にまたキスマークをつけなきゃ”と思う。

花火にタクヤから“会いたい”と連絡が入る。

それを見た花火は口元に笑みを浮かべる。

麦は花火とキスをすることで
“隠すのが上手くなった”
と感じる。

麦の“クズ女レーダー”が花火に対して疼く。

モカが現れて麦に
「あんな女のどこがいいのよ」
と詰め寄る。

モカのまっすぐな姿勢に
麦の“クズ女レーダー”は反応せずそそられない様子。

モカは“花火の本命が明らかに麦ではない”と主張し、
麦は“そうかもな”とこたえる。

モカは“それでもいいくらい麦は花火が好き”なら諦めるが
そうではないと指摘する。

「なんで私じゃダメなの?」と熱く言うモカに
麦は冷めた表情で
「いいよお前でも
 明日デートする?」
とデートに誘う。

麦の投げやりな言いかたにモカは泣きだすが
泣きながら“デートする”と言う。

“麦が誘ってくれたのは初めて”で
「私の“好き”は
 それでもいいくらい“好き”よ」
と言う。

クズの本懐-26話

モカは麦とのデートを楽しそうにしている。

朝食中に父が来ても“優雅なモーニングの景観を損ねる”と追い返す。

化粧にも気合が入るモカ。

花火はタクヤと会っている。

スマホ場かり見る花火にタクヤはちょっかいを出して花火に殴られる。

“お詫びにホテル”と軽いカンジでしつこく誘うタクヤ。

花火がタクヤをじらしているとタクヤに連絡が入る。

タクヤは悪びれる感じもなく
“呼び出し入った”
といって行こうとする。

タクヤは“ヤラせてくれる女”からの連絡を躊躇なく優先する。

モカと麦は映画を観ることにする。

モカの希望の映画だがモカは麦のことが気になる。

映画の中の
“恋が叶うってこんなに幸せだったのね”
というフレーズに
「じゃあ叶わない恋は?
 不幸なだけなの」
と思うモカ。

自分が麦に言った
“それでもいいくらい好き”
という言葉を思い出し
「そんなの嘘よ
 ハッピーエンドじゃないなら
 消えたっていい!」
と改めて思う。

クズの本懐 登場キャラクター ネタバレ
クズの本懐 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ