クズの本懐 21話~22話(4巻) ネタバレ

クズの本懐 21話~22話(4巻) ネタバレ
漫画「クズの本懐」をネタバレで最終回まで無料で配信!
完結までの全巻を公開!アニメとドラマの動画もおすすめ!

クズの本懐-ネタバレ

このページは「クズの本懐」の21話~22話(4巻)のネタバレと概要を無料で配信しています。

クズの本懐-概要

『クズの本懐』は、月刊ビッグガンガンで2012年より連載されている横槍メンゴによる漫画。累計100万部を突破している人気作品。
2017年1月より、フジテレビ「ノイタミナ」枠にてアニメが放送開始され、ドラマも1月19日から同局にて放送されている。
高校生の安楽岡花火と粟屋麦は周りからは理想のカップルと見られていたが、2人とも他に好きな人がいることを知りながら付き合っていた。
花火は幼馴染で兄のように慕う鐘井鳴海を、麦は家庭教師だった皆川茜を想っていた。そんなある日、鐘井と茜が花火たちの高校に新任教師としてやって来て…。

スポンサーリンク


クズの本懐-ネタバレ-21話~22話(4巻)

クズの本懐-21話

茜は学校の廊下で
花火とすれ違いざまに
「鐘井先生としちゃった」
と言う。

花火は茜に向けられている鳴海と麦の好意を
自分のものにしたいと敵愾心を抱く。

それで誰かを傷つけても構わないと思う。

茜に勝ちたいという欲求が強くなる花火。

手始めに
麦に対して改めて付き合おうと言う。

花火はそのことを早苗に伝える。

花火は早苗だけはこれ以上利用できないと思う。

しかし早苗は
「利用くらいしてよ」
とこたえる。

クズの本懐-22話

早苗は花火に“利用くらいして”といって関係を継続しようとする。

花火は泣きながら早苗を拒絶する。

走っていく花火を見た早苗は
「手放してあげない」
という。

翌日
自習時間に花火は体調不良で図書室に行くことにする。

図書室で勉強していると、早苗が入ってくる。

前日に何事もなかったように花火の隣に座り微笑んで見せる。

花火は“普通にしようとしてくれている”と感じるが
早苗は机の下で花火の足に手を伸ばす。

花火は利用したことを簡単に許してくれた早苗に罪悪感を感じる。

花火の体調が悪くなり保健室のベッドで休むことになる。

早苗は花火の看病をする。

早苗は“自分たちのことは誰も知らないしそれが続くだけ”という。

「もっと甘えて
 利用していいんだよ」
と付け加える。

早苗は花火に男を落とす方法を教える。

“心を開いたフリをする”
と言って、
“本当の心はずっと閉ざしておかないと壊れてしまう”
と忠告する。

麦が花火の様子を見に保健室に訪れる。

入れ替わりで早苗が出ていく。

麦は早苗に対して“美人だけど表情がカタイ”という印象を抱く。

休日に花火はお使いで買い物に出かける。

深夜のファミレスで茜といた男と偶然出会い声をかけられる。

軽い感じで小突かれてイラっとする花火。

花火は早苗に言われたことを思い出す。

男が“茜に好意を向けている”ことも思い出す。

花火は男に
「家 近いんですよね」
と言う。

クズの本懐 登場キャラクター ネタバレ
クズの本懐 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ