クズの本懐 15話~16話(3巻) ネタバレ

クズの本懐 15話~16話(3巻) ネタバレ
漫画「クズの本懐」をネタバレで最終回まで無料で配信!
完結までの全巻を公開!アニメとドラマの動画もおすすめ!

クズの本懐-ネタバレ

このページは「クズの本懐」の15話~16話(3巻)のネタバレと概要を無料で配信しています。

クズの本懐-概要

『クズの本懐』は、月刊ビッグガンガンで2012年より連載されている横槍メンゴによる漫画。累計100万部を突破している人気作品。
2017年1月より、フジテレビ「ノイタミナ」枠にてアニメが放送開始され、ドラマも1月19日から同局にて放送されている。
高校生の安楽岡花火と粟屋麦は周りからは理想のカップルと見られていたが、2人とも他に好きな人がいることを知りながら付き合っていた。
花火は幼馴染で兄のように慕う鐘井鳴海を、麦は家庭教師だった皆川茜を想っていた。そんなある日、鐘井と茜が花火たちの高校に新任教師としてやって来て…。

スポンサーリンク


クズの本懐-ネタバレ-15話~16話(3巻)

クズの本懐-15話

花火は早苗に
「尾けてきたの?」
と聞くと
早苗は照れながら
「わるい?」
という。

花火は「悪くない」と言って早苗を抱きしめる。

花火は
“好きな人に抱きしめられることがどんな意味を持つのか自分にはわからない”
と伝えると早苗は
“それでもいい”
とこたえる。

早苗は花火が
“自分も自覚が無かったことを気づかせてくれたこと”
を思い出す。

“自分は女性が好き”なことに気付いたのは
花火と触れ合ったからで、
それをきっかけに早苗は初めて世界が色付いて見えるようになる。

“世界に自分が受け入れられる”のを感じたが、
直後に花火と麦がキスをしているもの目撃する。

“突き放される”のを感じる早苗。

クズの本懐-16話

花火は早苗の家にいる。

花火と早苗はベッドの上にいて
早苗は“イヤなら言いなよ”というが花火は受け入れる。

早苗は花火が早苗を慰めに利用する代わりに
自分も付け込んでやろうと思う。

“花火の気持ち”は手に入らないことを認識しつつ
攻めて温もりだけでもと思う早苗。

花火は早苗に抱かれながらも、鳴海のことを想う

早苗の行為はエスカレートする。

早苗は花火に自分を見るように言って、花火をさらにせめる。

花火は早苗に触られると気持ちがいいというので、
早苗は“自分が花火を好きだから花火が気持ちよくなる”と説明する。

花火は帰り道に早苗を利用したことについて考える。

自分のために他人の好意を利用するのは
茜と一緒ではないか?と葛藤する。

偶然
鳴海と茜が一緒の傘に入って帰宅するのに鉢合わせる。

鳴海は慌てて状況を説明するが、花火の視線は茜に向いている。

茜の笑顔を見て花火は
“女としての優越感”
を向けられていることを感じる。

今の自分では茜に敵わないことを実感する花火。

翌日
学校で花火は茜の元を訪れる。

茜は余裕を見せて“鳴海と麦どちらで怒っているのか?”と問いかける。

茜は花火と麦の関係も見抜いている様子。

花火は“好きでもない男に好かれるのが楽しいのか?”と問うと
茜は
「オトコノコから向けられる好意ほど
 気持ちいモノなんてないのに」
とこたえる。

クズの本懐 登場キャラクター ネタバレ
クズの本懐 全話一覧 ネタバレ

スポンサーリンク


おすすめのマンガ