2017/03/29

とりかえ・ばや 2巻 ネタバレ 結末

とりかえ・ばや 2巻 ネタバレ 結末
「とりかえ・ばや」を最終回まで配信!
あらすじと最新刊の発売日も紹介!

とりかえ・ばや-ネタバレ

このページは「とりかえ・ばや」の2巻のネタバレと概要を紹介しています。最新刊・最終回まで配信!

とりかえ・ばや-あらすじと概要

とりかえ・ばや-あらすじ

平安時代、権大納言藤原丸光の2人の妻が、偶然にも同日に美しい女児と男児をそれぞれ出産した。
ある日、沙羅双樹の容姿の噂が帝に届き、女でありながら男童たちと走り回る男勝りな沙羅双樹は男として元服の、内気で屋敷内にこもり人形遊びをするようになっていたな男の睡蓮はは女として差し出されて裳着の儀が執り行われることになり…。

とりかえ・ばや-概要

『とりかえ・ばや』は『月刊フラワーズ』(小学館)にて2012年から連載されている、さいとうちほによる少女漫画。
平安時代末期の『とりかへばや物語』(作者不詳)を漫画化した作品。

スポンサーリンク


とりかえ・ばや-2巻-ネタバレ-

とりかえ・ばや-2巻

帝が譲位して東宮が新たに帝として即位。
新しい東宮には女一の宮が立ち、睡蓮の若君は尚侍として出仕し、沙羅の姫君は右大臣家の四の姫と結婚する。
睡蓮は愛らしい女東宮に恋をし、沙羅はなんとか女であることを誤魔化して四の姫との結婚生活を始めたものの、一向に手を出してこない沙羅に四の姫が少しずつ不信感を持ちはじめる(あたりまえデス)。
一方で石蕗は懸想していた四の姫が親友と結婚してしまったことで失意に陥り、もう一人の想い人である睡蓮と強引に対面するものの、美しいが実は男君の睡蓮に期待したような恋の興奮を感じられず、逆に男性であるはずの沙羅にトキメキを感じて意識し出す。
中心となるストーリーは基本的に原作通りに進んでいるような感じですね。

2巻では新たなキーパーソン、女東宮と四の姫が登場しましたが、女東宮は一見、子供っぽく見えますがその実、とても愛らしくて賢く、物事をわきまえている女性。
一方の四の姫も気位が高くてちょっとツンだけど、純で可愛らしく美しい。年上ですし、なんとなく源氏物語の葵の上を思い出したのは私だけでしょうか。どちらもかわいくて、とても魅力的です。
帝はあまり出番はありませんでしたが、これもなかなか素敵な男振り。
その一方で、石蕗の中将は、これからいかにも色々やらかしそうなダメ男感が漂ってます。
石蕗と睡蓮とのやり取りや几帳をつかんでのにらみ合いは笑っちゃいましたが、美しい睡蓮に興奮を覚えなかったことで、男としての自信を失ってショックを受けてるのも笑える。男の睡蓮に全くトキメかなかったということは、ある意味、女性に対するすごい嗅覚があるってことなんですけどね(笑)

登場人物の一覧はこちら⇒とりかえ・ばや 登場人物 ネタバレ 最新刊
ネタバレの全巻一覧はこちら⇒とりかえ・ばや 全巻一覧 ネタバレ 最新刊
最新刊・各巻の発売日一覧はこちら⇒とりかえ・ばや 最新刊 発売日

スポンサーリンク


おすすめのマンガ