かわいいひと 漫画 9話(3巻) ネタバレ 最新刊

かわいいひと 漫画 9話(3巻) ネタバレ 最新刊
「かわいいひと」の最終回まで感想ありで配信!

漫画-かわいいひと-ネタバレ

このページは「かわいいひと」の9話(3巻)のネタバレと感想を紹介しています。

かわいいひと-あらすじと概要

『かわいいひと』 は『AneLaLa』(白泉社)に連載されている斎藤けんによるラブコメ漫画。

実家の花屋で働いている27歳の花園森也は、心はとても純粋で優しいが、目付きが怖いため「死神」と呼ばれ怖がられていた。しかしある日、可愛くてピュアな女子大生の日和が彼の可愛い笑顔に恋をして…。

スポンサーリンク


かわいいひと-9話(3巻)-ネタバレ-感想

かわいいひと-9話(3巻)

前回、夏祭りデートを日和ちゃんと楽しんだ花園さんですが、今回も町内会のお祭りがあるそうです。
なんと花園さんがお神輿を担ぐ!?絶対似合わな…ごにょごにょ
かなり嫌がってますが、これはお母さんに任すことはできませんものね~。
お母さんギックリ腰を何度もやってるって言うんですもん。
ここは花園さんが頑張るしかありません!

それは置いておいて、お母さんは気になっていることがありました…。
「―――最近 日和ちゃん来ないね」
お母さんの顔を見ると、どれだけ心配をさせてしまっているが分かりますね。
気になっていたけど聞けず…、でもやっぱり気になるから なるべく自然を装って聞こう!
なーんて親子の会話に、ほっこりするような、ハラハラするような…。
夏休み中の日和ちゃんは、就活に向けて忙しいとのこと。
だけど真っ当な理由を言えば言うほど、嘘っぽくなってしまうこの不思議!
お母さんの気の遣い様…、疑ってますね。

日和ちゃんは本当に忙しいらしく、花火大会以降10日ほど会えていないらしいです…。
花火大会といえば、花園さんが「ちゃんとしたい」と日和ちゃんに伝えて、
2人でぐるぐるしながら終わりました。
『間違ったことを したとは思わないけど 連絡が来ないのは あのことがあったからなのかな…』
花園さんの後悔その1です!
「花園さんにはガッカリしました」と言っている日和ちゃんを妄想してしまう花園さんですが…、
そうなんですよね、彼女のお願いを拒否したとも取れちゃうんですよね…、花園さんの出した答えは…。
日和ちゃんはそんなこと言ってない、と妄想を振り払う花園さんですが、
自信のなさがちょっと切ないなぁ…。

町内会のお祭りに誘っても、忙しい日和ちゃんに断られてしまい、
接客のお仕事も相変わらず上手くいかず…、みるみる落ち込む花園さん…。
『どうしよう もし こんな振られ方をしたら ストーカーになってしまうかもしれない』
花園さ―――ん!!!!
ついに振られることを想像し始めてる!!  やめてください!!
『いや駄目だ 俺がストーカーなんて怖すぎる…!!』
いえ、そっちじゃなくて、振られるという前提のほうを訂正しましょうよぉ…。
だけど それだけ日和ちゃんが、好きで好きで仕方ないってことなのですよね。
日和ちゃんのことを信じていない訳ではないのに、会えない寂しさが気持ちを不安にさせるのですよね。
嫌われてしまうことを怖がる花園さんを、どうしても可愛いと思ってしまいます…

怖がっていても日々は過ぎ、お祭りです!
法被でお神輿を担ぐ花園さん…!!
やっぱり似合わな…ごにょごにょごにょごにょ

お祭りが無事に終わると、直後に塚田さんがナイスアシストをしに来てくれました!
忙しい日和ちゃんを心配してくれている塚田さん。
元気づけられるのは花園さんだけだと思って、わざわざ発破を掛けに来てくれたのでしょうか?
頑張ってる日和ちゃんを邪魔したくない、だけど会いたい―――
そんなキュンキュンしちゃうことを言う花園さんに
「大丈夫 自信もって 花園さん!」
塚田さん、逞しいです!!
すごく嬉しそうな表情をしているので、日和ちゃんのことを
とても大切に想ってくれていることが分かり、嬉しくなりました。

会いに行きたいけど会いに行く理由はない…、
たとえ会いに行って嫌な思いをさせて嫌われてしまったら…、
明日になれば連絡があるかもしれない…、
1人考え込みながら、日和ちゃんに会いたい気持ちを抑えようとする花園さん。
だけど立ち上がって日和ちゃんの家に走り出しました。
いいですね!!!!  素敵ですよね
色々考えて考えて、「やめよう」って思っても、
結局最後は「好きだから会いたい」って気持ちに勝てないのです。
勢いで行動するというのも、時には必要。
恋をしていればいつだって青春時代だなぁ、と感動しちゃいました!
そしてお母さんの「がんばれ…!」の念には笑っちゃいました。

冷静になるとまた落ち込んでしまった花園さんですが、大丈夫!
日和ちゃんに会えば、会えた喜びの方が勝ります。
花園さんの嬉しそうな顔ときたら…
久しぶりに会えたことに、日和ちゃんももちろん嬉しかったでしょうけれど、
「は 恥ずかしくて…」
と真っ赤です!?
「なんか 私 付き合うことになってから ずっと 前のめりすぎていた気がして その…
ひかれてたらどうしようと思って…」
日和ちゃんも1人で考え込んでいたようです!!!!
しかし、そんな心配は全くの的外れ。
花園さんの驚いた顔ときたら…

今回はお互いが1人で考え込んで、本音を伝えなかった為に、少しだけ すれ違いがありました。
そのことが分かったから、花園さんはちゃんと言おうと思ったのでしょうね!
「ただ 日和さんに会いたくて 来ました…」
このセリフの前置きがすごく好きです 花園さん可愛過ぎます!!
当然日和ちゃんにもキュンが襲ってきているようで、耐えるのに必死ですね。

『もっと早く 会いに来ればよかった そうすれば もっと早く日和さんの笑顔が見れた』
これが花園さんの後悔その2!!
そして、もっと自信を持とうと決めてくれてます。
そう思えるのは日和ちゃんの力だけではなく、塚田さんの力もきっとありますよね。
塚田さん、ありがとう!ですね。
最後のオチは花園さんのはっぴ姿を見逃していたことを知り、後悔に苛まれる日和ちゃんでした…。
でも大丈夫です!!!!
日和ちゃんのために、塚田さんがはっぴ姿の花園さんを写真に撮ってくれてましたよ。
塚田さん…、いえ 塚田様、本当にありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ