かわいいひと 漫画 6話(2巻) ネタバレ 最新刊

かわいいひと 漫画 6話(2巻) ネタバレ 最新刊
「かわいいひと」の最終回まで感想ありで配信!

漫画-かわいいひと-ネタバレ

このページは「かわいいひと」の6話(2巻)のネタバレと感想を紹介しています。

かわいいひと-あらすじと概要

『かわいいひと』 は『AneLaLa』(白泉社)に連載されている斎藤けんによるラブコメ漫画。

実家の花屋で働いている27歳の花園森也は、心はとても純粋で優しいが、目付きが怖いため「死神」と呼ばれ怖がられていた。しかしある日、可愛くてピュアな女子大生の日和が彼の可愛い笑顔に恋をして…。

スポンサーリンク


かわいいひと-6話(2巻)-ネタバレ-感想

かわいいひと-6話(2巻)

いきなり2人のラブラブっぷりを見せつけられてスタート!
しっかり者の日和が雨に濡れた花園さんをタオルでわしゃわしゃ
嬉しそうにわしゃわしゃする日和も、少し屈んでる照れた花園さんも可愛いです。
店先なのに思わずちゅー してしまった花園さんですが…仕方ない!
日和の笑顔が魅力的過ぎた…!

そんな2人の間に割って入る存在、花園さんの友達登場!!!!
「よー 花ちゃん!」「原っち!」
花ちゃん・原っち って… 何それ、可愛い。27歳の男性2人が可愛い。
2話で名前だけ登場していた原っちは、私の予想とはだいぶ違う人でした。
花園さんと同じようなタイプの人かと思ってました。(つまりネガティブそうな人 )
なので、いきなり満面の笑みで登場の原っちに、ちょっとビックリ。
でも花園さんもすごく嬉しそうに久しぶりって言ってるので仲良しさん2名にほっこりです。
日和と対面して分かった、原っちはずけずけと物を言うタイプの人、というのも
意外とそういう人の方が花園さんは付き合いやすいのかもと納得しちゃいました。

でも日和とはど~~~しても合わないみたいですね!
「彼女!? マジで!?」でびくっ、じろじろと見る原っちに耐えられず「…あの 私 今日は帰りますね」
うわ―――!顔が完全に拒否してる―――!
もう引いてますよね、何この人状態ですよね
波乱の幕開けです…!

日和には裏があると勝手に思い込む原っち。
そんな訳ないのに!って思いつつも原っち、憎めない人ですよね~
自分が以前付き合っていた女の子を話に持ち出して
「あーゆー ゆるっとふわっとした感じで 別れる時サイアクだったんだよ」。
ちょっと思い込みが激しくて、表情がコロコロ変わるから見ていて面白い人です。
「おばちゃんも何か言ってやってよ!」
この必死さ加減…
何か言ってやってと言われた花園さんのお母さんも、原っちをあんまり相手にしていませんね!
この親子の原っちの扱いが分かりました。

とはいえ、花園さんにとってのいちばんの友達!
原っちとの約束があるからと、日和のデートの誘いを断る花園さん。
ポカーンとした顔の日和が可愛いけど何か切ない
「原っち」という名前が出てなかったら、こんな顔絶対しないですよね
花園さんが好きすぎる日和の、複雑な心境がじわじわと染みてきます。

その後の日和VS原っちのバトルはハラハラしなくちゃいけないのかな!?
わたくし、爆笑だったのですけども!
昔から花園さんと仲が良いからこそ言える原っちの「花ちゃんなんかを」的な発言が許せない日和。
「花園さんは世界一カッコイイです!」「それはねーよ!!」
原っちの、それはねーよが即座過ぎる!
照れまくって顔を上げることすらできない花園さんが場の空気をさらに可笑しなことにさせてる!
あ~、面白い!

ラストも全っ然丸く収まっていないところも、また面白かったです。
「私は花園さんが大好きだから あなたと仲良くなりたい!」と必死な顔で言った後、
原っちの「仲良くしてやるよ」に心底、微妙そうな表情の日和…!
絶対『やっぱりこの人と仲良くなんて無理…」とか思ってる!
彼女 VS 子どもの頃からの友達、このバトルはまだまだ続きそうですね。
いいですよ、OKですよ、ず~と続けて下さい 面白いので!

それにしても、花園さんと原っちの友情には見ていてとても感動しました。
お互いがお互いに感謝の気持ちを持っていることが分かるので、
とても大切な存在なのだなと強く感じます。
原っちの場合、それ故に暴走しているのが分かるから余計に愛しい…
かといって、花園さんは原っちの思いやりを全部受け止める事はしないで
日和を守ったシーンもありましたね。
その事を原っちが「アイツ(花ちゃん)こんな事言ってたぜ」とか日和に報告してくれたらいいのに…!
日和、花園さんに惚れ直すのに…!
ま、無理か。 そんな気の付く人じゃないですよね。

さてさて、個人的に気になるのは、この先原っちはどれくらい登場するのか、ということです。
毎回のように登場されたら 花園さんと日和のラブラブが見れなくなっちゃうので、
それはご遠慮願いますが  原っちが出ると一気に画面の華やかさがアップするし、
明るい雰囲気になるのでたくさん登場はしてほしい…!
どうなることやら、今後の展開に期待です。

スポンサーリンク


おすすめのマンガ