かわいいひと 漫画 16話(4巻) ネタバレ 最新刊

かわいいひと 漫画 16話(4巻) ネタバレ 最新刊
「かわいいひと」の最終回まで感想ありで配信!

漫画-かわいいひと-ネタバレ

このページは「かわいいひと」の16話(4巻)のネタバレと感想を紹介しています。

かわいいひと-あらすじと概要

『かわいいひと』 は『AneLaLa』(白泉社)に連載されている斎藤けんによるラブコメ漫画。

実家の花屋で働いている27歳の花園森也は、心はとても純粋で優しいが、目付きが怖いため「死神」と呼ばれ怖がられていた。しかしある日、可愛くてピュアな女子大生の日和が彼の可愛い笑顔に恋をして…。

スポンサーリンク


かわいいひと-16話(4巻)-ネタバレ-感想

かわいいひと-16話(4巻)

ついに日和ちゃんのお父さんが登場した 第16話!!!!
花園さんにとって、彼女のお父様に ご挨拶、という 大きな大きな試練ですよ…!!
しかもお父様は 大学教授!? それは もう、緊張せずにはいられませんね!?
ですが、「一度うちに ちゃんと挨拶に来たら 2人で旅行 行ってもいいよって…」と聞いてしまっては、
そして 日和ちゃんを残念がらせないためには、それはそれは もう、行くしかありません
笑顔で「行きます 旅行 行けたら 嬉しいです」と言った花園さん!! 男らしい

とはいえ、やっぱり考えちゃいますよね…。『正直怖い』と……!
『好かれる自信がない』というのは、間柄は関係なく 花園さんの切実な悩みでしょうし…。
ですが 怖くとも、自信はなくとも、『弱気になっちゃダメだ』と、『笑顔で きちんと挨拶しよう』と!!
そうそう その意気ですよ!! 花園さん
……なんて思うところですが、弱気にならずに 笑顔で挨拶した結果、
「お花屋さんの好青年」からは ほど遠くなっていく、切ない花園さん……。
違うんです お父様!! 花園さんにとって これが精一杯の笑顔なんですー!!
日和ちゃんの言う通り、とても穏やかそうな お父さんが、
小声だけど必死に 奥さんへ「顔が 怖すぎるでしょう」と言ったシーンは泣きました…。 日和ちゃんのお母さんは、花園さんがいい人だってことを すでに知ってくれていますが、
「ちょっとしか話してないのに どうしていい人だと言いきれるのか 400文字以内で説明してくれ!!」と、
無理難題を投げかける お父さんに分かってもらうためには、努力が必要。
しかし、努力すれば するほど怖がっていくお父さん……。
お父様―! 自分以外の家族とは上手く溶け込んでいる花園さんを 青ざめながら不思議に思わないでー!
花園さんがお菓子を差し出しただけで 妙な疑り深さを発揮しないで―――!!
日和ちゃんの部屋に入った途端、膝から崩れ落ちる花園さんを見るのが 非常に辛いです…。
だけど そこで、『俺みたいな奴がきたら びっくりして当然だ むしろ お父さんの気持ちがわかる』なんて、
お父さんに同情しちゃう花園さんが とっても好きです
そんな花園さんの背中を さする、可愛すぎな日和ちゃんも とっても好きです 数々のトラウマが蘇り、諦めそうになってしまうけれど、『諦めたくない!!』と奮起する花園さん
『日和さんの お父さんに 好かれたい』
そんな花園さんの いじらしさを知れば、お父さんも 花園さんのことを気に入ってくれると思うのですが…、
なかなか難しくて 大変ですね……。
いいところアピールをしたくても、残念ながら 日和ちゃんの意見は参考になりませんし!!
そこで頼りになるのが、和馬さんのアドバイス!?
「その顔 どうにかならないのか?」は あんまりな発言ですが、
しかし「お前の笑い方は 2種類ある!」ということ、
言ってもらえなければ 自分では分からないことだったのですね。

“笑わなければ”と思うと 心から笑えない、ならば妄想力で切り抜ける…!!
「お前の好きなものは何だ」
「はい 日和さんです!」
「日和以外で!」
赤くなって 日和ちゃん愛を見せるところも、日和ちゃん以外なら 花、と答えるところも、
花園さんらしくて可愛い 癒やされちゃいました
しかも、相手を花だと思って笑いかける作戦は 見事に成功!!!!
……と思いきや、日和ちゃん!! それは独占欲ですね!?
花園さんが 誰にでも素敵な笑顔を見せるだなんて、耐えられないのですね!!??
「練習 しないで下さい お願いします」と頭を下げる日和ちゃんが、愛しくって仕方ありません 「誰にでも」は嫌な日和ちゃんに練習は止められたけど、
お父さんには 素敵な笑顔は見せたくて、作戦を開始しようとしたのですか。
しかし、そう上手くはいかない 花園さんの不器用さ……。
そんな花園さんだから 全力で応援したくなっちゃうのですけれどね
一方で、花園さんの空回りに、訳が分からず怯える 日和ちゃんのお父さんには、
だんだんと 笑いしか込み上げてこないようになってしまいました。
ついつい非現実的なことを考えてしまったり、今日の態度を反省しつつ
花園さんの顔に どうしても慣れることができないお父さん。
そうですね…。家に来ていうのに 急にお手紙は、ちょっと怖いですよね…。
アドバイスをしてくれた和馬さんは 真剣だったのでしょうけど。
「こ こういうこと しないでくれる!?(裏声)」
穏やかなはずのお父様が 裏声になるほど動揺…、大失敗です……。でも やっぱり笑っちゃいます!!

せっかくのバーベキューだったけれど、花園さんと日和ちゃんのお父さんは 話すことも出来ず…、
「いえ こういうの慣れてるので…」という花園さんの寂しそうな笑顔が切ない!!
急なアクシデントに弱い旦那さんのことを「そこが面白いんだけど」と言ったお母様には 、
ちょっと笑ってしまいましたが。 すこ~しヒドイじゃないですか。
でも、日和ちゃんのお母さんも 和馬くんも、花園さんを 元気付けようとしてくれていたのですよね。
「鈴木家で客人に肉を焼くのは 歓迎の証だ!! 肉食え 肉!!」
「お前は部族の主張か」
ツッコミ役のお母様が とても面白くて、最高に素敵です。 このまま 日和ちゃんのお父さんの間にある溝は埋まらないまま、花園さんは帰宅―――
かと思いきや!! 日和ちゃんに勇気を貰って、ついに花園さんは 直接、
素直な言葉を お父さんに伝えることができましたね。
「お父さん 花園さん いい人だから!」
「あの また来ます!
 お父さんと お話しできたら嬉しいです 今日は お邪魔しました!」
花園さんも頑張りましたが、お父さんも 1人で色々と考えてくれていただなんて…!!
「お菓子で手なずけようとしてきたり 隣に座って これでもかと睨みつけてきたり
 急に わけのわからない手紙を押し付けてきたり―――
 という君の行動は “私と話がしたい”という一心から くるものだったと思う」
そうなのです!!!! お父様、その通りでございます!!!!
「つまり 結論を言うと 君は 顔が怖いだけの ただの好青年なんじゃないかと…」
お父様―――!!!! その通り―――!!!!
花園さんと 日和ちゃんのお父さん、誤解が解けて分かり合えた瞬間ですね!! 素晴らしい
まさか、「ほっ」としていた日和ちゃんの顔が30分後に曇るほど、
2人が打ち解けるとは 思いもしませんでしたけれど。

お父さんの手のひら返しに、和馬さんとお母さんは ちょっとだけ呆れ気味???
でも 本当によかったですよね!!!!
日和ちゃんと 2人きりの帰り道、花園さんが とても幸せそうに笑って「すごく嬉しい…!」と言ったこと、
花園さんに抱きしめられた日和ちゃんが「…私も 嬉しいです」と言ったこと、
見ているだけで、私まで 嬉しい気持ちになっちゃいました。
お父さんに 花園さんがいい人だと分かってもらえたし、旅行にも行ける!!
日和ちゃんの「旅行 楽しみですね!」という笑顔が なんて可愛い なんて素敵
それなのに、旅行のことは すっかり忘れていた花園さん。
「へ?」なんて……、可愛いから ズルイです!もう!
日和ちゃんとしては、どこか微妙な気持ちで終わってしまった1日でしたね?
だけど ついに旅行に行ける日も近いのですから、すぐに笑顔に戻るはず!!
次回は、初であり リベンジでもある、2人の旅行のお話になるのでしょうか???
どのような展開になるのか、とっても楽しみです!!!!

スポンサーリンク


おすすめのマンガ