かわいいひと 漫画 15話(4巻) ネタバレ 最新刊

かわいいひと 漫画 15話(4巻) ネタバレ 最新刊
「かわいいひと」の最終回まで感想ありで配信!

漫画-かわいいひと-ネタバレ

このページは「かわいいひと」の15話(4巻)のネタバレと感想を紹介しています。

かわいいひと-あらすじと概要

『かわいいひと』 は『AneLaLa』(白泉社)に連載されている斎藤けんによるラブコメ漫画。

実家の花屋で働いている27歳の花園森也は、心はとても純粋で優しいが、目付きが怖いため「死神」と呼ばれ怖がられていた。しかしある日、可愛くてピュアな女子大生の日和が彼の可愛い笑顔に恋をして…。

スポンサーリンク


かわいいひと-15話(4巻)-ネタバレ-感想

かわいいひと-15話(4巻)

結婚式の場面から始まったので ドキッとしてしまいましたー!!
違います、違いました!!花園さんと日和ちゃんの式ではありません!!
花園さんの 従兄妹さんの結婚式なのですね。
お母さんの妹 舞子さんの、上の娘さんが新婦さんってことでしょうか?
笑顔が花園さんと ちょっと似ている気がします!
「うちの家系は みんな目付き悪いからね」ということで、皆さん 何となく似てらっしゃる!
それにしても、スーツの花園さんが とってもカッコよくて目を奪われました…
さらに お母さんの、息子に彼女ができました報告に ほっこり
「とっても かわいい子なのよ」と、本当に嬉しそうな お母さんも、
黙っている花園さんも、とてもとても可愛いのです
舞子さんの下のお嬢さん きみこちゃんは、
今後また お花屋さんのお手伝いで登場してくれそうな気がしますね。 結婚式のお話はメインという訳ではなく、今回どんなお話になるかと わくわくしました。
そうですかー!!花園さんのお母さんの誕生日!!
今年は 日和さんと3人でお祝い 素敵です
そして、お誕生日プレゼントを買いに行くための 待ち合わせだったのですね
張り切る2人に とっても微笑ましくなっちゃいました
嬉しいことに、どちらかというと 日和ちゃんの方が張り切ってくれてます?
「じゃあ 今年はいつもと違う感じにしましょうか!」には、
私も 花園さんと一緒に「おお…!」と言いたくなりましたよ…!!

プレゼントを美顔器に決定することは、男性の花園さん1人ではできなかったでしょうね。
花園さん、何だか照れ臭そうでしたし。
しかし ここでも日和ちゃんが頼もしい!!
「花園さん 美顔器を貰って喜ばない女性は いないと思います!」
たしかに個人的な意見、でも 妙に説得力があって、
やっぱり花園さんと一緒に「おお…!」な気分でした。 花園さんの 亡くなったお父さんのお話が聞けて、お父さんが すごく優しかったことが分かるエピソードには
ものすっごく ほっこりしました!! 穏やかなお父さんの笑顔、可愛すぎる小学生の花園さん…
だけど、お父さんが亡くなった時のこと、お母さんが大変だった時のこと、
花園さんが悔しい気持ちになったり ショックを受けたこと……、
思い出すと 楽しい記憶ばかりではないけれど、全部を日和ちゃんに話してくれた花園さんには、
何だか 花園さんの、強さと逞しさを感じた気がします。
「知り合う前の花園さんのこと知れるの 嬉しいです」
前々回で 花園さんが日和ちゃんに言っていたことと 同じ言葉。
ラブラブな2人が可愛すぎて、ここのシーンは とってもキュンキュンしました
とはいえ、最後に天然を発揮?して 雰囲気を壊してしまうところが、すごく花園さんらしいですね。いよいよ お母さんの誕生日当日!!
……ですが…、これは本当に 焦る出来事だと思います……。
「び 美顔器を貰って喜ばない女性はいませんよ…」
まさか この場面で、もう一度 その言葉を口に出すことになろうとは…。
しかも そんな表情で……。
ケーキを受け取りに向かった花園さんと日和ちゃんが 思いっ切り落ち込んでいて、
何だか もう、いっそ笑えてきちゃいましたよ!!
でも、自分たちが買った物より性能がいいもの、というのは 本気でヘコみますね…。
そこまで各メーカーの性能を把握してる日和ちゃん すごいなぁ、と思ったりもしたのですが。

日和ちゃんにとって、彼氏のお母さんのお祝い、ということで 気合が入るところもあったはず。
すぐに気持ちを切り替えることができないのは 当たり前ですよね…。
だけど そこで、花園さんが しっかりフォローしてくれていて流石だと思いました!
とはいえ!!お母さんがプレゼントを開けてる時の2人の顔は、まるで感情が消えていく…みたいな表情。
やっぱり、いっそ笑えてきちゃいます。
しかし そもそも、被っただとか 謝る必要なんてないのですよね。
本当に嬉しそうな お母さんの笑顔…、日和ちゃん大丈夫!!私も泣いたから!! 酔って お喋りになっていたところも、たしかに あるかもしれませんが、
「自慢の息子だよ」と、お母さんは 日和ちゃんに伝えたい気持ちもあったのかなぁ、と思いました。
いつもは言わない、だけど いつも想ってること―――
幸せで幸せで、話さずにはいられなかったのかもしれませんね。
お互いに 感謝の気持ちを持つことの大切さ、支え合うことの素晴らしさを教わった回でした。
本当に泣きました…!!ラストは もうボロボロ泣きました…!!

花園さんに 日和ちゃんという素敵な彼女ができたこと、花園さん自身と同じくらい、
お母さんも 嬉しい と感じてくれているのだと思います。
結婚式の場面で、ずいぶん花園さんのことを心配していたと バラされていましたものね。
だからこそ、お母さんにとっても 今年の誕生日は特別だったのではないでしょうか。
自慢の息子と、自慢の息子の とってもかわいい彼女が祝ってくれるのですから。
母と子ども、お父さんを亡くしてしまった後の苦労が 報われた気持ちになってくれたらいいなぁ。
思い出のひとコマも、お母さんと一緒にホロリ、ですね。
隠しても 母は何でも知っているのです!!
ほっこり、感動、キュンキュン、いっぱい詰まった第15話でした

スポンサーリンク


おすすめのマンガ